神の聖なる光の瞑想を子どもに教える

Teaching Children to Meditate with Divine Light
By Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

オーラとスピリチュアル・エネルギーに関心を持つ人が増え、子どもにも経験させたいと願っている親が増えていることを知ることはワクワクします。多くの場合、興味を示したり、スピリチュアルな光を見る経験をしたことがあるのは子ども自身です。あなたのお子さんが関心があるなら、紹介するのに効果的で安全なのは、神の聖なる光を用いた「反射型瞑想」です。 とても簡単で楽しくできます。

子どもに瞑想を紹介することはより一般的になっています。ヨガ、注意を払う瞑想や、単に生徒のための「静かな時間」を教える学校があり、素晴らしくポジティブな結果が現れています。日々の生活でより大きくなる要求と結びついて、スピリチュアリティへの関心は高まっており、自分自身を集中した状態に保つために瞑想に関心を示す人が増え、ストレスの削減やスピリチュアルを中心にしたライフスタイルの利点を知らせるために、子どもに瞑想を紹介する親が増えています。

神の聖なる光を用いた反射型瞑想は、オーラのフィールドを刺激し、上昇させるのに役立ちます。オーラは、生きている物を取り囲む振動性の実体です。あなたが考え、感じ、行うことのすべては、透視能力で知覚できる多様な色彩のスピリチュアル・エネルギーを放射します。私たち全員にオーラがあります。子どものオーラは子ども自身のように成長段階にありますが、子どもにもはっきりとしたオーラがあります。 子どもが成長するにつれて、オーラも力をつけます。反射型瞑想は、特に12歳までの子どもの初期の発達を助ける素晴らしいツールです。

反射型瞑想では、あなたはマインドを鎮め、上昇させる色を特に強調した楽しい場面をイメージします。オーラの色に相当する、瞑想の色を選ぶことで、これにはあなたを高めるスピリチュアルな力を引きつける効果があります。

子どもには、私たち全員に、私たちを取り巻く美しくカラフルなオーラがあるという考えを優しく教えることができます。それは私たちが誰で私たちにどんなことが起こっているのかを教えてくれます。子どもたちを優しく励ましてください。あまりにたくさん速く詰め込みすぎないようにしてください。例えあなたが願っても、子どもが興味を示さない場合はそれを尊重してください。

子どもに神の聖なる光とともに瞑想することを教えるときは、楽しくしてください。例えば、オーラのカーネーションレッドは活気と元気を示します。あなたのお子さんが疲れていることに気づいたら、美味しい赤いリンゴを食べるのを瞑想でイメージするように励ますことができます。リンゴを味わい、この赤いリンゴが相当のエネルギーを与えてくれるのを感じます。あなたはこの瞑想に子どもを導くことができますし、あなたと一緒にそうしたり、自分でそうしたりできます。

子どもが緊張していたら、紫の花畑を走り抜けて安らぎを感じるイメージができます。オーラの紫は平和の性質を示します。この色を思い描くことは、実際にそのエネルギーをもっとオーラに引き込むことに役立ち、静寂さの感覚を生み出します。イメージは鮮やかなほど効果があります。

子どもがもっと自信が必要なら、強くたくましく、何でもできると感じるように、金色の滝を浴びているのをイメージすることができます。金はオーラではダイナミックな強さと力のエネルギーです。何かに悲しんでいるときは、バレンタインのピンクのハートが上から浮かんで降りてきて、体に入り、幸せで楽しく感じさせてくれる、愛に満ちたあたたかいピンクの光で満たされるのをイメージできます。

もちろん、あなたが子どもに染み込ませたい良い親としてのあらゆるアドバイス、良い倫理や道徳に加えて、あらゆるタイプの瞑想ができます。反射型瞑想は、どんな宗教的実践に対しても素晴らしい補完となり、それ自体の固有の価値のために、単独でも効果的です。

反射型瞑想のツールを子どもに紹介することは、子どものオーラを上昇させ、生活を助け、大人になるための準備をさせます。幼い年齢で健康的でスピリチュアルな原則を導入するための素晴らしい方法になります。

********************

このテーマに関する英語によるオンライン・ワークショップが、日本時間の2016年11月19日(土)午前11時30分~午後1時30分に開催されます。参加費は$40で参加申し込みページはこちらです。英語による登録&参加が難しい場合は、以下のフォームに「子どもワークショップ参加登録・通訳サポート希望」と明記の上、送信をお願いいたします。午前11時30分~午後1時までの間のみ文字チャットによる同時通訳を無料にて提供いたします。詳細は返信にてお知らせいたします。なお、このワークショップは大人向けとなりますのでお子さんは参加できませんのでご注意ください。参加登録・通訳サポートの申込みは、11月12日(土)までにお願いいたします。皆さまの参加をお待ちしております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Copyright 2016, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず

Reprint from http://www.spiritualarts.org/blog/change-your-aura-meditative-prayers/teaching-children-meditate-divine-light-0


 

動物とスピリチュアルな進化

Animals and Spiritual Evolution

By Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

動物は、生命の壮大な計画において必須の役割を果たします。それでも、わたしたちはあまりにしばしば動物が単に私たちに奉仕するものだと考えますが、実際は、彼らには魂があり、私たちと同様に進化の経路にいます。動物は、愛とインスピレーションのために人類を見上げています。 人間界にいる私たちには、動物のスピリチュアルな発達を助ける神聖な義務があります。進化は、人間と同じように、鉱物、植物、動物といったあらゆる生命の段階で展開します。天使や大天使が進化において私たちを助けているように、人類は、動物の魂を助けることが意図されています。家畜化は動物を助ける鍵となる方法です。動物をペットとして受け入れるとき、それはあなたの楽しみだけのためではありません。あなたはその動物に、スピリチュアルに発達する機会を与えています。動物はスピリチュアルなスポンジのようです。彼らはあなたが与える愛を吸収し、それによって高められます。農場や牧場を持っているなら、さらによい援助の機会があります。レスキュー・シェルターや動物縁組組織を組織したり、獣医師になることは、いずれも動物の福祉に貢献する方法です。

形而上学的に言うと、動物にはオーラがあります!彼らは人類ほど大きく複雑なものは持ちませんが、同じように強いオーラをしています。例えば猫は、通常全方向に30センチほどに達するオーラがあります。その色は、しばしば、ピンク、赤、黄色です。犬は、それよりわずかに大きなオーラをしていて、おそらく45センチほど広がっています。特に忠実な場合は、青、赤、ピンクがよく犬のオーラに見られます。馬の周囲のオーラはさらに大きく、全方向に90センチほど広がり、緑、黄色、赤、ピンク、青、すみれ色のスピリチュアルな色をしています。動物のオーラは、感情やムードによって変わります。彼らは、人間のように、怒り、恐れ、悲しさ、喜びをオーラに表現します。

動物は本能的にサイキックです。彼らには、お互いの、そして人々の周囲のスピリチュアル・エネルギーがしばしば見えます。彼らは、その高次の性質に波長を合わせる場所まで到達することさえできます。このように、彼らは一種の覚醒を経験し、人間として確認し始めるような性質を帯びます。私たちがスピリチュアルな本質に目覚めるようになるまで、多くの面で、彼らの方が私達よりスピリチュアルな領域により波長が合っています。

動物はとても多くの面で神に仕えますが、主に自分を捧げることによります。人類は、自然のこの驚異的な部分から強さと支援を得ます。ですから、動物との関係を讃えることに最善を尽くしてください。彼らを助け、彼らに助けさせてください。今度は、あなたが生命の神の計画の不可欠な部分を達成させることでしょう。

Copyright 2016, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず

Reprint from http://www.spiritualarts.org/blog/barbara-and-dimitri-spiritual-arts-news/animals-and-spiritual-evolution

あなたの中の神の光

 

SAI Blog, God's Light in You

God’s Light in You

バーバラ・Y・マーティン、ディミトリ・モライティス

私たちは各自、自分の中に奇跡的なスピリチュアルな力を持っています。私たちはこの力をオーラ、あるいは人間のエネルギー・フィールドと呼びます。オーラはあなたの中の神の光です。それは、無限の普遍的な生命力の個人的な表現です。このオーラの力は、鮮やかな虹色の光として認識されます。あなたは底知れぬ色の存在です。

オーラはあらゆる業績が生まれるエネルギー的な基盤です。人生で何かを生み出したいですか?その夢を現実にするために、オーラの力を構築することから始めてください。言葉、行動、思考、感情の質によって、あなたはこの重要なオーラの力を築きあげるか、 減少させるかしています。

魅惑的ですがほとんど理解されていない人間のエネルギー・フィールドの側面が、「内なるオーラ」と呼ばれているものです。エネルギー・フィールドのこの側面は、あなたの進化に深くかかわっていて、あなたが最高のスピリチュアルな可能性に到達するのを助けます。この内なるオーラは、体を取り囲み、全方向に30センチほど放射状に広がっています。透視能力で見ると このオーラの側面はくっきり見え、その魂が学んでいる人生のレッスンを反映します。

あなたはある構成のこの内なるオーラの力を持って生まれます。この構成が、あなたの今生のレッスンを習得する力を与えます。あなたの魂のレッスンは忍耐を学ぶことかもしれませんし、よりダイナミックになること、創造的な才能をもっと完全に表現すること、もっと寛容になること、といったことかもしれません。この基本的なレッスンは、人生を通して流れていて、これがあなたの内なるオーラに反映されるでしょう。

例えば、もし人生のレッスンが忍耐なら、内なるオーラはエメラルドグリーンかもしれず、忍耐強くある力を与えてくれます。もしあなたが決心と献身を学ぶことになっているなら、あなたの内なるオーラは美しいロイヤルブルーかもしれません。ピンクの内なるオーラは、鍵となるレッスンが愛を学ぶことであることを示します。白い内なるオーラは、人生で妥協せずに純粋さを表現することが意図されていることを示します。あなたの魂がこの重要なレッスンを学ぶにつれて、内なるオーラは輝き、魂はスピリチュアルな力を吸収し、その進化で上昇します。あなたがレッスンを学ばなければ、この内なるオーラは弱まり、性格特性を見つめて習得するための取り組みが必要であることを示します。

あなたの人生のレッスンが何かを感じるために振り返る時間をとってください。性格に関して、何度も起こるテーマは何ですか。あなたのこの部分を強化することにどれほど成功していますか。

あなたのスピリチュアルな成長は、人生の目的を達成させ、あなたが行うあらゆることで本当の喜びと満足を得ることで、神に近づく鍵です。あなたには輝かしい可能性があります。あきらめず、自分に忍耐強くあってください。スピリチュアルな成長は「段階的な」プロセスです。

魂を育てるために神があなたに与えた神のエネルギーを使ってください。あなたのオーラ―あなたの奇跡的な部分―は、あなたの神への上昇においてあなたを助けるために常にそこにあります。

Copyright 2016, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from SAI Blog: http://www.spiritualarts.org/blog/barbara-and-dimitri-living-light/gods-light-you
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

 

イースターのための瞑想の祈り

A Meditative Prayer for Easter

Easter Prayer SAI Blog


秘教的なワークでは、イースターは、ロウアーセルフの性質を降伏させ、ハイヤーセルフあるいは神なる自己として復活することに対する形而上学的な祝賀です。それはあらゆる上昇する魂が途上にある覚醒への行程の一部です。

この瞑想の祈りでは、あなたのスピリチュアルな上昇を助ける2つのエネルギーをお願いします。それらは英知の金色の光線とスピリチュアルな愛のピンク色の光線です。この瞑想を唱えるときは、頭上約60センチのところに金色の太陽をイメージしてください。これがあなたのハイヤーセルフ・チャクラポイントです。神があなたのオーラを神の聖なる光のシャワーで祝福してくれるようにお願いするときにここに注意を保ってください。


「私がロウアーセルフ、狭量な性質を降伏させ、神なるハイヤーセルフを主張するために、英知の金色の光線とスピリチュアルな愛の濃いバラ色の光線が私のオーラとあらゆる意識のレベルに投射されるようお願いします。

私は、私が不滅の自己に到達する運命にある上昇する魂であることを認識しています。私は、神とスピリチュアル・ヒエラルキーが私のスピリチュアルな探求を助けるために行ってくれているあらゆることに感謝します。光と愛の中で、私は神に対する奉仕に人生を捧げます。

セラ。」


あなたの覚醒への旅で異なる点を助けてくれることができる瞑想の祈りをもっと知りたい場合はブログをご覧ください。

Copyright 2016, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from SAI Blog: http://www.spiritualarts.org/blog/evolving-your-soul-meditative-prayers/meditative-prayer-easter
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

 

あなたのスピリチュアルな質問にお答えします!

 

October Q&A with Barbara and Dimitri

October Q & A with Barbara And Dimitri SAI


JM からの質問:

私はなかなか許すことができません。なかなか許せないとき、どうしたら許すことができますか。

バーバラとディミトリからの答え:

まちがいなく、許しは行うのが最も難しいことのひとつです。それでも、それは、あなたが健康的な生活を送り、スピリチュアルに成長するには欠くことのできないツールです。

恨みや怒りにしがみつくことはあまりに容易ですが、これはあなたをひきとめるだけです。誰かを許すことで、その人は間違った行為から「解放させる」ことになると誤解している人たちが多くいます。本当は、 許しによってあなたは自分自身を解放しているのです。あなたは自分の意識を解放し、そのため自分の生活を続けられます。神がカルマの記録のバランスをとるでしょう。

許しについてのもうひとつの試練は、誰かを許すことができても、まだ怒りにしがみつくことです。これは本当の許しではありません。本当に許したら、精神的、感情的な苦悩から本当に解放されたと感じます。このことは、許すことが魂に深く到達するまで、何度も許し続けなければならないことを意味します。

許しについて瞑想するために不可欠なスピリチュアル・エネルギーは、スピリチュアルな愛の濃いバラ色の光線です。たくさんの神の愛だけが、本当に許し、手放すためのスピリチュアルな力をあなたに与えてくれます。 濃いバラ色の光線が、あなたのハートを祝福し、持ちあげ、神の愛のワンネスにあなたを導いてくれるようにお願いしてください。


トニーからの質問:

あなた方の教えは、子ども、若者、大人が、道徳や倫理、基準を発達させるのに役立ちますか。

バーバラとディミトリからの答え:

もちろんです。形而上学は最高の倫理と道徳の基準に基づいています。スピリチュアルに成長し、スピリットの法則によって生きることを学ぶようになると、性格は改善され、意識は高くなります。 このことは、自分の性格の弱点を見つめることとそれらを正すことを意味します。神聖な生活をするにつれてあなたは最終的にはその神聖な生活そのものになります。純粋な白色光とともに瞑想することは、より高い意識にあなたを高める助けとなります。

こどもについては、形而上学は若者が従うべき良い道徳基準を教えるのを助けてくれます。もちろん最大の鍵は、自分がその見本となることです。親がスピリチュアルな原則を生きれば、子どもたちは親が自分で設定した基準を見て、その基準を模倣しようと努めます。


スピリチュアル・エネルギーについてもっと知りたい方は、バーバラとディミトリの本『オーラを変えて人生を変えなさい(Change Your Aura, Change Your Life)』をお読みください。

Copyright 2015, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from SAI Blog: http://www.spiritualarts.org/blog/evolving-your-soul-barbara-and-dimitri-living-light/october-qa-barbara-and-dimitri
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

オーラで調和に満ちた人間関係を確立する

Building Harmonious Relationships with the Aura

私たちは皆、他の人と、健康で調和に満ちた関係を持つように意図されています。私たちが神の愛の場所に由来するときにだけ完全にそのような関係を持つことができます。神の愛は宇宙でもっとも強力で主要な力です。それはすべての被造物をともに保つ絆です。愛がなければ人生の目的はなくなり、何に対しても創造したり、行動したりする願望もなくなることでしょう。 神の愛は、優しさ、親切さ、理解、思いやりといったあらゆるスピリチュアルな生活の特質を表します。

スピリチュアルな愛の流れを確立するには、他の人をスピリチュアルな存在として見ることから始めてください。このことがあなたが人々を物質的に感じることから抜け出すのを助けてくれるでしょう。 人々があなたに見せているものに関係なく、最高の光で彼らを見てください。優しさと寛大さに基づいてください。他の人があなたに愛をどのように表現しているかにかかわらず、この愛を表現してください。もし誰かを愛することがあまりに大変だと感じたら、神にあなたのために彼らを愛してくださいと頼んでください。

人間関係の力学はオーラにはっきりと現われます。それらは特に、ハートチャクラ、あるいはヘルメスセンターとも呼ばれる場所の中と周囲に見られます。このチャクラは、あなたの外界の表現の中心で、あなたがどのように人々と関係を持っているのか―あなたの本当の動機と意図―を示します。それはまた、他の人たちがあなたとどのように関係を持っているのかも示します。

人間関係は双方向です。あなたのエネルギーだけでなく、他の人のエネルギーも同様に考慮すべきです。オーラで見えるもっとも魅力的なものは、ある人から他の人へのスピリチュアルエネルギーの交換です。愛があるときには、ある人から他の人に素晴らしいピンク色の光の光線が流れているのが見えます。その交換は精神を高揚させ、啓発します。それがあなたが他の人のためにもっと行うことを励ましてくれます。

あなたがそのような関係を深めると、エネルギー的なつながりも同様に深まります。ですから、愛に満ちた人間関係を強化するためには、愛する人のために何か良いことをしてください。 彼らにあなたがどのように感じているかを示してください。あなたの愛の光を輝かせてください!

しかし、他の人と不和があるときは、あるオーラから他のオーラに憂慮すべき暗いエネルギーが移る場合があります。これが怒ったり腹を立てたりしているときに気をつけなければならない理由です。そういった感情はあなた自身のオーラに暗いエネルギーを生み出すだけでなく、そのエネルギーが他の人に移る可能性があります。このことは、あなたが他の人があなたとの関係に困難を抱えているときに強くある必要がある理由でもあります。 例えば、あなたに腹を立てている同僚がいるとしましょう。あなたは一緒に働いているため、この人と交流しなければなりません。あなたはうまくやるように最善を尽くしていますが、この人はあなたによっていらいらさせられています。もしあなたが自分のスピリチュアルな均衡を保てるなら、たとえエネルギーの交換が混じり合っても、他の人が放射しているネガティブなエネルギーはあなたのオーラには入らないでしょう。

もしその状況に対して、健康的な視点と許しの状態からアプローチするかわりに、そのネガティブなエネルギーに対して悩んだり怒ったりして反応するなら、あなたはその人の憂慮すべきエネルギーを自分のオーラに引き入れています。ですから、その不健康なエネルギーをあなたのオーラから浄化する必要が生じるでしょう。

人間関係に関してともに働くのに欠くことができないスピリチュアルパワーはスピリチュアルな愛の濃いバラ色の光線です。この光線を毎日あなたの人間関係に使ってください。より愛に満ちた表現を確立する力を与え、どんな類の人間関係の摩擦も癒し、そしてあなたが望む愛に満ちた人間関係を生み出してくれるのはこの光線です。

お互いに愛し方を学ぶことによって、あなたは神の愛し方を学んでいます。スピリチュアルな梯子を高く上るための唯一の方法は、たくさんの愛とともにあることです。

神の聖なる光と愛のうちに,

バーバラ ・Y・マーティン & ディミトリ・モライティス

Copyright 2015, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from Aura Inspirations.
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

キャンドルの力

The Power of Candles

キャンドルは、太古の時代から、実用的、宗教的、儀式的用途から、装飾的、ロマンティックな用途に至るまで、さまざまな用途に用いられてきました。オーラと神の聖なる光とともにはたらく際に、キャンドルは強力な支援的な役割を果たしてくれます。キャンドルには、道に迷ってしまったエネルギーを指揮し、方向を変える独自の力のフィールドがあります。それらには、個人的、スピリチュアルな目的に用いることができる、秘教的な意味があります。

origin_75379589あなたが用いる色つきのキャンドルによってキャンドルが表すスピリチュアルエネルギーは異なります。瞑想中にキャンドルを灯すことは、瞑想のプロセスを支える素晴らしい方法です。例えば、あなたがスピリチュアルな愛の濃い薔薇色の光で主に瞑想するなら、ピンクのキャンドルを灯すことは光のワークを支えるパワフルな方法だと言えます。あるいは、もし繁栄の光線とともにはたらくなら、ターコイズのキャンドルを灯すことが豊かさの意識を確立しようとするあなたの努力を助けてくれます。瞑想の実践の一部としてさまざまな色のキャンドルを集めるのは良い考えです。 必要な色のついたキャンドルが見つからないときは常に白いキャンドルで代用できます。

瞑想中にキャンドルを灯すことに加えて、独自にキャンドルとともにはたらくことができます。

例えば、特にはっきりとした理由がないのに、強い恐怖に包まれていると感じたり、不安に感じたりするときは、キャンドルを燃焼させることが助けてくれます。

最初に不安の原因を考えてください。不安を断ち切り、意識を高めるために、神の聖なる光とともに瞑想してください。それから、瞑想以外に、キャンドルとのワークを加えてください。恐れや不安には、水色、金(金箔つきの先細のキャンドルが買えます)、オレンジのキャンドルを一緒に用いると、そういった感情を分散させるのを助けてくれます。最初に始めるときは、キャンドルを2時間燃やしてください。最初の燃焼が終わってから、日中、断続的に10分間、あるいは、気分が高まるまでキャンドルを灯してください。まだ困難を感じるなら、寝る前に10分間水色のキャンドルを燃やしてください。

こうすることでいくつかのことを成し遂げることでしょう。一つには、あなたがさらなる助けを求めていることを聖なる存在に注意をうながすことになります。さらに、エネルギー的な支援の環境を作り出します。誰かが心配しているときは、そのエネルギーはオーラのフィールドに現れるだけでなく、周囲の環境に浸透する可能性があり、瞑想の後ですらそれをうかつに拾い上げてしまうことがあります。そして、最後に、キャンドルを燃やすことは、瞑想の効果を維持し、何気なしに再び心配を繰り返すという精神的なパターンに陥らないように助けてくれます。

キャンドルを使うときは安全が第一です。キャンドルは放置しないでください。時には、トレイやシンク、何か燃えないものの中でそれらを燃やすのが良いでしょう。仕事のスケジュールの都合でキャンドルを長い間燃やすことができないときは、忙しくないときにキャンドルのワークを行ってください。休暇中、週末、朝、夜がキャンドルとともに働くのに良い時間です。

キャンドルを使って生活の中での変化を助けてくれるキャンドルの力を発見することはとても楽しいことです。キャンドルのワークを加えることはスピリチュアルな実践を助けてくれる素晴らしいシステムだということを発見することでしょう。

愛の年末年始のご挨拶をあなたに

バーバラ・Y・マーティン

Copyright 2013, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

 

 

瞑想を深めましょう

Deepening Your Meditations

324瞑想はスピリチュアルな道で成功するための最も不可欠な鍵のひとつです。それは神から受け取るための時間です。あなたが心を開いて受け取るとき、神はあなたが求めるより高い生活の特性を授けてくれます。オーラの瞑想をする人たちはご存じのように、瞑想はあなたのオーラと生活を改善し、高めるために、神の聖なる光を手に入れるための方法です。 しかし、多くの人たちが、効果的な瞑想の状態に入り込むことが難しいことを知ります。たやすく精神を静め、心配や悩みを手放すことができないことはよくあります。 瞑想を強化し、深めるための秘訣を、少しお教えしたいと思います。まず、瞑想はあなたの精神を空っぽにすることではありません。そうすべきではありません。目標は、精神を静めて 神の聖なる衝動を受け入れる状態になることです。これがうまくできるようになるための鍵は、精神に集中することです。精神をカメラのレンズのように考えてください。それはある方向にあなたの意識の注意を集中させます。オーラの瞑想では、あなたの意識は最初に素晴らしいハイヤーセルフに向けられます。あなたの頭上、約60センチのところにある、崇高なポイントです。あなたが他のどの場所でもなくここに注意を向けると、地上の水準を越えて生命のスピリチュアルな次元へと入ります。あなたの精神と意識は、より高い意識へ向けられます。これが精神を静める効果をもたらします。それから、神の聖なる光をお願いするとき、あなたの意識はハイヤーセルフ・ポイントからあなたが受け取る神の聖なる光へと移動します。

光はあなたのオーラのさまざまな部分に行くため、色をイメージすることは光にうまく調和するのを助けてくれます。しかし、最も重要なことは、光の中にある神の意識に注意を保つことです。もしあなたがスピリチュアルな愛の濃い薔薇色をお願いしているなら、あなたが受け取る愛の意識と調和してください。これがあなたが求める変化です。ここで意識における変化がおこります。

この瞬間に、あなたの問題や心配事は精神から最も遠ざかります。あなたはどこでもなく神の生きた力の面前にいます。神とひとつになっています。それは実に神聖な瞬間です。

一度か二度の深い瞑想は、その日を切り抜けさせてくれる以上のものです。最初は、通常、1日に1度、20分の瞑想をお勧めします。瞑想の経験を深めるには回数を増やす方がいいと間違って考える人がいます。必ずしもそうではありません。鍵は1日に何回瞑想するかではありません。瞑想がどれだけ深いか、そして、どれだけ上手に神の意識を実際の生活で利用するかです。光を受け取ることと、受け取った光を使うことはまったく別です。

本当に有効な瞑想ができる人は、きらきら輝くオーラを持っています。特に思考体にさまざまな色の光が強く出て、とりわけ金色の光が強くなります。一方で、効果的な瞑想の状態に入るのが難しい人は、効果的に集中することができないことを示すクリームがかった辛子色のオーラがあることがあります。また、この分野における弱さを示す(心配を表す濃いグレーではなく)薄いグレーがあることもあります。ダイナミックな力のための金色の光と、より多くの愛のための濃い薔薇色の光で瞑想することは、瞑想の力を強化するためにとても効果があります。

時間をかけて瞑想の技術を確立してください。瞑想が他の活動より重要ではなくなる状態になるまで心配事に取り乱されることを拒絶してください。その報いは法外です。瞑想は、お祈りとならんで、あなたの持っている最も重要なスピリチュアルな道具のひとつで、あなたを並はずれたスピリチュアルな高みにまで連れて行くことができます。

神の聖なる光と愛のうちに

バーバラ・Y・マーティン

スピリチュアル・ディレクター

Copyright 2013, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from May/June 2013 Issue of Aura Inspirations

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

 

オーラとリーダーシップ

The Aura and Leadership

人生のある時点で私たちは全員リーダーシップの試練を与えられます。それはスピリチュアルな成長のプロセスの一部で、生命に不可欠です。しかし、リーダーになることはスピリチュアルな視点からはどんな意味があるのでしょう。

ご存知のように、リーダーとは他の人たちのために責任を取って決定を下す人です。リーダーシップにはさまざまなタイプがあります。最高経営責任者は経営する会社のために決定を下します。両親は子どもたちのために決定を下します。教師は生徒たちのために決定を下します。大統領は国の最高利益のために決定を下します。今日の世界には権威に対する強い不信があります。しかし、リーダーの位置に就くことは光栄であり、特権です。どのように導くか、指導的立場にある人たちとどうしたらうまくやれるかを理解することは、社会とスピリチュアルなプロセスにおいて不可欠です。

スピリチュアルな視点から見ると、最初に気がつくことは、リーダーたちは一人で働いているのではないということです。リーダーたちが正しい決定をするのを助けるために、聖なる存在たちが彼らのすぐ近くで、あらゆるレベルにおいて働いています。

リーダーの役割についている人たちは、私たちの誰もがそうであるように、人間であり、確かに過りをおかしがちです。しかし、彼らがその責任ある職に就いている間は、特別なスピリチュアルな力を与えられます。

ある人が公的なリーダーの地位をひきうけると、独特な神の聖なる光が彼らに授けられます。この光は彼らの在任中とどまり、どのように仕事を処理するかを助けます。この祝福はハート・チャクラに現れ、高次の存在とつながるための接点になります。それはしばしば美しい純白の光として見えます。リーダーシップの力は本当に神から来ています。

私たちは同時に複数の要因を扱っているため、リーダーに作用する力は込み入っています。個人のカルマと集合的なカルマがかかわっていて、利己主義的な利益を追い求めているかどうかでそのリーダーがどれだけよく高次の存在の声を聞いているかが決まります。

リーダーの最も困難な側面は、意思決定です。その決定が関係する人すべてに最善をもたらすかどうかをどうやって確かめられるでしょうか。リーダーが間違った決定をおかしたらどうなるでしょう。

意思決定は芸術のようにひとつの技術です。あなたの内にあるこの才能を磨くための時間をとってください。スピリチュアルに言えば、意思決定はあなたに話しかけている高次の存在の声を聞き、その直観を判断し、そのガイダンスにそって行動する確信をえることです。

叡智の金色の光線は、良いリーダーになるという確信を持つことと同様に、意思決定とともに働く不可欠なエネルギーです。濃いバラ色の光線もまた、心を神に開き、他の人に慈愛を示すために不可欠です。

リーダーの下にいる人たちは、常にリーダーに対立したり、批判したりするのではなく、リーダーの仕事を助ける最善の努力をすることが重要です。リーダーを助けることであなたはその人たちをその役割につけた神を助けています。もしリーダーが最善ではないと思ったら、 あなたの建設的な例によって、もっと良い行いをするように鼓舞してください。違いを生じさせるために参加してください。

リーダーでいることは、大変で感謝されることの少ない仕事になることがよくあります。そして時には大衆には受けない難しい決定をしなければなりません。しかし、もしそのリーダーが本当に神が彼らに話していることを聞いているなら、彼らは神が彼らに与えた役割を果たしているのです。もしあなたが奉仕に召喚されているとわかったら、その召喚を謹んで引き受け、あなたが世話をするように託された仕事に奉仕するように最善を尽くしてください。

神の聖なる光と愛の中で
スピリチュアル・ディレクター
バーバラ・Y・マーティン
Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

聖バレンタインの物語

The Story of St Velentine

毎年2月14日には、友人、家族、そしてもちろん恋人たちがバレンタインの愛の贈り物を祝います。この素晴らしい祝日は世界中で知られていますが、その力強い起源を知っている人はほとんどいません。

紀元127年、バレンタインという名の勇敢で美しい魂が、無私で無条件の、本当の神の愛を表しました。彼の限りない慈愛と善意は、大衆を啓発し続けています。聖バレンタインの物語は次のとおりです。

聖バレンタイン

バレンタイン・デーの物語は、圧政的なローマ皇帝と謙虚なキリスト教の殉教者がいた3世紀に始まります。ローマ皇帝はクラウディウス2世で、キリスト教徒はバレンティヌスでした。

クラウディウスはすべてのローマ人に国教の偶像を崇拝するように命じ、キリスト教徒と交際することは死刑で罰せられる犯罪にしました。しかしバレンティヌスはキリストの理想に打ち込み、死の恐怖でさえ彼が信念を貫くことを止めることはできませんでした。

バレンティヌスの人生があと数週間というときに驚くべきことが起こりました。ある日ローマ皇帝に仕える看守が盲目の娘を腕に抱きしめながらバレンティヌスのドアをノックしました。

彼はバレンティヌスの薬とスピリチュアルなヒーリング能力を知っていて、バレンティヌスに娘の目が見えない状態を治療してほしいと訴えました。娘は生まれたときから盲目でした。バレンティヌスは彼女の状態は治療するのが難しいということがわかりましたが、最善を尽くすと伝えました。少女は診察を受け、両目に軟膏が塗られ、しばらく通うようにスケジュールが組まれました。

バレンティヌスが学識豊かな人だということがわかったので、看守は、彼の娘のジュリアもバレンティヌスの授業に連れてきてもいいかどうか尋ねました。

ジュリアは美しく、聡明な少女でした。バレンティヌスは彼女にローマの歴史の物語を読んであげました。彼は自然界を彼女に説明しました。算数を教え、神について話しました。彼女は彼の目を通して世界を見、彼の叡智を信頼し、彼の静かな強さに慰めを見出しました。

「バレンティヌス、神は私たちの祈りを本当に聞いてくれますか。」ある日ジュリアは言いました。「はい。どんなことも聞いています。」と彼は答えました。

「私が毎朝、毎晩何を祈っているかわかりますか。私は見えるように祈っています。私はあなたが私に教えてくれたあらゆるものがとても見たいのです。」

「神は私たちが信じていれば私たちにとって最良のことをしてくださいます。」とバレンティヌスは言いました。

「おお、バレンティヌス、私は信じます。」とジュリアは熱心に言いました。「信じます。」彼女はひざまずき、彼の手を握りました。彼らは静かに共に座り、それぞれが祈りました。

数週間がすぎましたが少女の視力は回復しませんでした。それでも男性と彼女の娘は信仰を曲げることなく、毎週通い続けました。

その後、ある日、バレンティヌスのところへローマ兵士たちがやってきて、彼を捕え、薬を台無しにし、宗教的信条を責めました。少女の父は、彼が捕えられて投獄されたことを知りました。仲裁したかったものの、できることは何もありませんでした。

死の前夜、バレンティヌスはジュリアに最後のメッセージを書き残しました。処刑が差し迫っていることがわかっていたのです。バレンティヌスは看守に紙とペンとインクを頼みました。彼は素早くお別れのメッセージを書き留め、盲目の娘に渡してくれるように手渡しました。彼は、彼女に、神の近くにとどまるようにと懇願し、「あなたのバレンタインより」と署名しました。死刑判決は翌日、紀元270年2月14日に、彼にちなんでのちにバレンタインの門と名付けられた門の近くで執行されました。

看守が家に帰ると少女に出迎えられました。少女はメッセージを開き、中に黄色いクロッカスを見つけました。メッセージには「あなたのバレンタインより」と書いてありました。少女がクロッカスを上から見下ろすと、それが彼女の手のひらにこぼれ、人生で初めて鮮やかな色が見えたのです!少女の視力は戻っていました!奇跡です!

バレンティヌスはローマの現在プラクセデス教会になっている場所に埋められました。彼の墓の近くに、ジュリア自身によってピンクの花が咲くアーモンドの木が植えられたと言われています。今日でもアーモンドの木は不変の愛と友情のシンボルであり続けています。496年にローマ教皇ゲラシウス一世が2月14日を聖バレンタインの日と名付けました。バレンタインの日のたびに、好意、愛、献身のメッセージがいまでも世界中で交換されています。

今現在あなたの人生に愛がどのように現れているかにかかわらず、今日は神の聖なる愛を輝かせ、愛の精神の中にいるには素晴らしいときです。あなたは神の聖なる愛の実際の表現であり、愛を与えれば与えるほど多くの愛を受け取ることでしょう。

今年のバレンタインは、神の聖なる愛のディープ・ローズ・ピンクの光線を使って瞑想をすることで、大いに愛を呼び込んでください。この美しい、あなたを高めてくれる色が、あなたを取り囲み、降り注ぐ様子をイメージしてください。

息を吸ったり吐いたりするたびに、ディープ・ローズ・ピンクがあなたのハート、マインド、魂を輝かせるのをイメージしてください。あなたの愛する人全員を祝福し、人生のあらゆる状況を改善してくれるのをイメージしてください。

あなたに光と愛を送りつつ

バーバラ・Y・マーティンとディミトリ・モライティス

記事出典: http://www.ascension-research.org

写真出典: http://comeandseeicons.com

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2012/02/13/the-sotry-of-st-valentine/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず