オーラとリーダーシップ

The Aura and Leadership

人生のある時点で私たちは全員リーダーシップの試練を与えられます。それはスピリチュアルな成長のプロセスの一部で、生命に不可欠です。しかし、リーダーになることはスピリチュアルな視点からはどんな意味があるのでしょう。

ご存知のように、リーダーとは他の人たちのために責任を取って決定を下す人です。リーダーシップにはさまざまなタイプがあります。最高経営責任者は経営する会社のために決定を下します。両親は子どもたちのために決定を下します。教師は生徒たちのために決定を下します。大統領は国の最高利益のために決定を下します。今日の世界には権威に対する強い不信があります。しかし、リーダーの位置に就くことは光栄であり、特権です。どのように導くか、指導的立場にある人たちとどうしたらうまくやれるかを理解することは、社会とスピリチュアルなプロセスにおいて不可欠です。

スピリチュアルな視点から見ると、最初に気がつくことは、リーダーたちは一人で働いているのではないということです。リーダーたちが正しい決定をするのを助けるために、聖なる存在たちが彼らのすぐ近くで、あらゆるレベルにおいて働いています。

リーダーの役割についている人たちは、私たちの誰もがそうであるように、人間であり、確かに過りをおかしがちです。しかし、彼らがその責任ある職に就いている間は、特別なスピリチュアルな力を与えられます。

ある人が公的なリーダーの地位をひきうけると、独特な神の聖なる光が彼らに授けられます。この光は彼らの在任中とどまり、どのように仕事を処理するかを助けます。この祝福はハート・チャクラに現れ、高次の存在とつながるための接点になります。それはしばしば美しい純白の光として見えます。リーダーシップの力は本当に神から来ています。

私たちは同時に複数の要因を扱っているため、リーダーに作用する力は込み入っています。個人のカルマと集合的なカルマがかかわっていて、利己主義的な利益を追い求めているかどうかでそのリーダーがどれだけよく高次の存在の声を聞いているかが決まります。

リーダーの最も困難な側面は、意思決定です。その決定が関係する人すべてに最善をもたらすかどうかをどうやって確かめられるでしょうか。リーダーが間違った決定をおかしたらどうなるでしょう。

意思決定は芸術のようにひとつの技術です。あなたの内にあるこの才能を磨くための時間をとってください。スピリチュアルに言えば、意思決定はあなたに話しかけている高次の存在の声を聞き、その直観を判断し、そのガイダンスにそって行動する確信をえることです。

叡智の金色の光線は、良いリーダーになるという確信を持つことと同様に、意思決定とともに働く不可欠なエネルギーです。濃いバラ色の光線もまた、心を神に開き、他の人に慈愛を示すために不可欠です。

リーダーの下にいる人たちは、常にリーダーに対立したり、批判したりするのではなく、リーダーの仕事を助ける最善の努力をすることが重要です。リーダーを助けることであなたはその人たちをその役割につけた神を助けています。もしリーダーが最善ではないと思ったら、 あなたの建設的な例によって、もっと良い行いをするように鼓舞してください。違いを生じさせるために参加してください。

リーダーでいることは、大変で感謝されることの少ない仕事になることがよくあります。そして時には大衆には受けない難しい決定をしなければなりません。しかし、もしそのリーダーが本当に神が彼らに話していることを聞いているなら、彼らは神が彼らに与えた役割を果たしているのです。もしあなたが奉仕に召喚されているとわかったら、その召喚を謹んで引き受け、あなたが世話をするように託された仕事に奉仕するように最善を尽くしてください。

神の聖なる光と愛の中で
スピリチュアル・ディレクター
バーバラ・Y・マーティン
Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず