Sharing is caring!

The Mystical and the Material Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

現代の物質科学が巨大化するにつれて、宇宙は物理的、物質的にしか存在しないと考えるようになりました。この考えは、科学だけでなく、人間生活のあらゆる側面に及んでいます。その一方でスピリチュアル・ルネッサンスも起きています。物質的な探求と精神的な探求を同じように強く誠実に行うためには、この2つをどのように結びつけたらいいのでしょうか。

神秘的なものと物質的なものの力学は、文明の偉大な教訓の一つです。この教訓をどれだけ学べるかによって、人類がこれから始まる新しい精神的な時代への準備ができるかどうかが決まります。しかし、その教訓とは何でしょうか。

神秘主義とは「究極の現実との結合または直接的な交感の経験 」と定義されています。神秘主義的な見解は、生命はスピリチュアルなものであり、物質は物質的なものから生まれるということです。自分が本当は誰なのかという本質はスピリチュアルなものであり、物質的な形に「宿って」いるということです。物質的な生活の経験の一部は、スピリチュアルなものを育成し、スピリチュアルな進化のプロセスを通じて、それを外側の表現にもたらすことです。私たちは皆、神聖なものを直接、個人的に、しかし客観的に経験することを意図されています。

文明の長い歴史の中で、社会がより神秘的な性質と調和していた時代がありました。これらの時代には、エジプト、インド、イスラエル、中国、ギリシャの黄金時代のように、神秘的な発展の偉大な学派が栄えました。また、人類が発展した他の時代には、集団的な霊的認識が希薄な時期がありました。これらの時代には、人類はまだ進歩していましたが、人格や魂の発達の一部として、テストされ、鍛えられました。これは、地球上の生命の自然な霊的サイクルの一部です。

人類が学んでいる教訓は、私たちが神秘的なものがまだ再浮上していない物質的な時代に住んでいても、物理的なものよりも精神的なものを優先させることです。私たちの内側にある神秘的なものを育てるのは、その内面への意識がどこにあるかに関係なく、私たちの仕事です。私たちは、物質的な世界で精神的な生活を送るように意図されています。

ここでは、神秘と物質のバランスを保つために心に留めておくべき3つの鍵を紹介します。

無限を熟考するために合理的な精神を用いる – 神秘的なものは非合理的で主観的であるという誤った信念があります。これは迷信と本物の神秘的な経験を混同しています。形而上学は正確な科学であると同時に芸術でもあります。スピリチュアルな法則に合理的に従えば、スピリチュアルな結果を得ることができます。同時に、物質的なものを無視してはいけません。あなたの周りの物理的な生活を制御することができなかったら、どのようにスピリチュアルな生活を習得することができるというのでしょうか。

信仰をもって歩む – 聖書が教えているように、信仰とは「まだ見ぬものに実体を与えること」です。これは盲目的な信仰ではなく、積極的に知ることです。神秘的な経験は、意図だけで到達することはできません。あなたは、すべての行動において、スピリチュアルな真理を生きなければなりません。スピリチュアルな法則を体現することを学べば、あなたはよりスピリチュアルになることができます。これが神秘の扉を開くのです。

精神性を開発することによって神秘的な性質を養う – 形而上学の目標は、あなたの魂を進化させ、あなた自身による神の直接の経験を持つことです。神秘的なものがちょうどよいときに開花できるように、学びと実践を通じて内なる能力を開発することができます。

形而上学的に、私たちは驚くべきスピリチュアルな機会の入り口にいます。人類は、スピリチュアルにはそれほど明るくない時代を通りすぎ、今、新しく素晴らしい方法でその神秘的な性質を再確立するための上昇のサイクルに入っています。長い間閉ざされていた神秘的な眼が、徐々に目覚めていくのです。

Reprint from The Mystical and the Material (spiritualarts.org)

このことをテーマにしたワークショップが開催されいます。

参加方法はこちらの記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。