形而上学

Sharing is caring!

物質生命のスピリチュアルなルーツ

「物質の後にくるもの」を意味する形而上学は、物質生命のスピリチュアルなルーツの研究です。このように、形而上学は、一般的な精神性、神学、哲学、神秘主義、神智学、存在論などの他の高貴な研究と同様の目標を共有しています。この神聖な事業は、太古の昔にさかのぼり、現代において強力な復活を遂げている世界的な伝統に従います。
形而上学者にとって、私たちは不滅の魂であり、神による愛によって創造され、支えられている神の種子です。これが私たちの本質です。私たちに命と意識を与えるのは私たちの魂です。その完全な力と素晴らしさを達成するために、各魂はスピリチュアルな進化のプロセスを経て、完全に発達した神の存在に徐々に成熟しなければなりません。
スピリチュアルな成熟の過程は、地面に植えられた種子に例えることができます。種子が強大なオークの木や輝くバラになる可能性はすべてすでに内在しています。必要なのは、成長するための適切な要素です。栄養があり、邪魔されない場合、種子はその素晴らしい花や木にならざるを得ません。人間の魂は、神が創造の庭に植える種子のようなものです。魂が成長するために必要なものはすべて、すでに魂の核に含まれています。その可能性を実現するために、魂は創造を通して巡礼に乗り出し、そこで展開し、最終的には完全に実現されて、神に戻る必要があります。
この宇宙の絵では、地球は校舎であり、すべての経験はスピリチュアルな成長の一部です。魂は1回の生涯ではすべての教訓を学ぶことはできないでしょう。そのスピリチュアルな気概を鍛えるために何度も地球に来なければなりません。何度もの転生で、魂はあらゆる驚異、変遷、そしてコントラストの中で存在を経験します。しかし、すべての経験の背後に、より大きなスピリチュアルな目的があります。楽しいか苦痛かを問わず、私たちが人生で経験することは、経験を学ぶことです。スピリチュアルな観点からみると、私たちに起こっていることは、私たちに起こっていることをどのように扱っているかよりも重要ではありません。それが私たちのスピリチュアルな成熟度の真のバロメーターです。
形而上学的な観点では各魂は貴重で不可欠です。愛は常に私たちを神と結びつける絆です。誰も許し、贖い、覚醒を終えてはいません。私たちは、マインド、自由選択の賜物、そしてその選択を実行する意志に恵まれているため、自分の行動と行為に責任があります。それでも、何をして経験したかに関係なく、私たちには常に人生で第二のチャンスが与えられます。間違いや失敗は成長プロセスの一部です。私たちは常に、神への道に戻る機会を与えられています。
このスピリチュアルなプロセスでは、オーラと神の聖なる光は不可欠です。オーラは、私たちが意識のどこにいるかの記録であり、スピリチュアルな展開が発芽する肥沃な土地です。私たちの意識を覚醒した状態に高める力を私たちに与えるのは神の聖なる光です。最終的に、すべての魂は生命の王冠を獲得し、神秘能力者がスピリチュアルなエーテル界と呼ぶ天界への道を獲得します。