宗教に何が起こっているのか

What is Happening to Religion

medium_3271719952-1ジャクリーン・マリー(SAI生徒)

最近のある世論調査によると、アメリカ人の77%が宗教はアメリカ合衆国における影響力を失っていると言っており、これはこの40年で最高の割合です。しかし回答者の75%は、もしこの国がもっと宗教的だとしたらもっとよくなるだろうと信じていました。

アメリカでは宗教の持つ権利は薄れてきましたが、私たちは国民としてスピリチュアルな価値と結びついている利点を認識しています。教会の参列者は常に少ないものの、かつてないほど多くの質問を投げかけ、より深いスピリチュアルな理解を求めています。

どうしてこういったことが起こっているのでしょう。

悲しいことに、宗教的組織の多くがその可能性に従っていません。もしそれらが、あらゆる純粋な宗教の基礎である豊かなインスピレーションをもっと引き出せているなら、私たちが必要とするスピリチュアルな実体を私たちに与えてくれることができることでしょう。

宗教の現状に対する不満を埋めるために、多くの人が、その必要性を埋めようと、子どもの時からなじんできたものとは異なる宗教的実践を試しています。そして多くが、そのスピリチュアルな必要性を満たすために形而上学に頼っています。

卓越した形而上学の教師で透視能力者であるバーバラ・Y・マーティンは、宗教と形而上学は協力して働くと強調しています。両者はともにスピリチュアリティの全体像の中に含まれています。バーバラはオーラが見える能力をもって生まれましたが、ギリシャ正教徒として育ち、父親は司祭でした。ですから、彼女には宗教的な経験と形而上学的な経験の両方の経験があります。 彼女は共同設立者のディミトリ・モライティスとともに、非営利のスピリチュアル・アーツ・インスティトゥートを経営しており、形而上学とスピリチュアルな成長に焦点を当てています。

バーバラは宗教と形而上学はともに協力して進んでいくと教えています。宗教的な経験は魂を信仰に導き、まだはっきりとは見えなかったり、感じられなかったり、経験できなかったりする大事なものに実体を与えてくれます。これは神の内なる確信の始まりです。

バーバラは次のように言っています。「それでも信仰はそれ自体では終わりません。信仰は最終的に「わかっている状態」に道を譲ります。そしてここに形而上学が入ります。形而上学は、成長する魂が覚醒と私たちが呼ぶプロセスを通って、信仰と「わかっている状態」との間にある隙間を渡るのを助けてくれます。」

覚醒は概して東洋の宗教と結びついた用語ですが、どのスピリチュアルな学びにも、魂が個人的な神の経験をなしとげるのを助けるための秘教的・形而上学的な支流があると教えています。

このことが私たちに教えてくれることは、宗教は神の計画においてまだ役割を担っていますが、聖なるインスピレーションに対して常に新鮮で開いた状態でいるように懸命に努力する必要があるということです。また、多くの人が今、スピリチュアルにわかっている状態という形而上学の世界に飛躍をとげる準備が本当にできている状態にあるということも教えてくれます。

Copyright 2013, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず