火星の生命に関する好奇心

Curious About Life in Mars

アドリアナ・パレデス (教育学修士・SAIスタッフライター)

科学の世界は、NASAの25億ドルのミッションである火星科学探査車のキュリオシティが8月5日の夜に、この赤い惑星のゲイル・クレーターの内側に着陸したという画期的事件を祝っています。この6つの車輪のついた探査車の主な任務は火星が現在あるいは過去に微生物を維持することが可能かどうかを確定することです。その到達目標は、ゲイル・クレーターから3.4マイル(5.5キロ)の高さに隆起しているシャープ山のふもとです。シャープ山の低い範囲にある粘土と硫酸塩のしるしが火星軌道をまわる宇宙船によって発見されており、昔、その小丘のふもとが液体の水にさらされていたことを示しています。しかしこのことが世界の他の人たちに意味することは何なのでしょう。その使命が成功したとしたらキュリオシティは私たちの毎日の生活にどんな影響をもたらすのでしょう。それは私たちが孤立してはいないということをついに理解させるような直感を与えるでしょうか。このことが同じ惑星にいる他の生物を、見知らぬ存在やおそらくは敵としてみなすような私たちの態度を変えるでしょうか。世界的に知られた透視能力者で、賞を受けた作家で、スピリチュアル・ティーチャーのバーバラ・マーティンは次のように言っています。「形而上学では太陽系の他の惑星は地球上にいる私たちに影響を与えていると教えています。とても現実的な意味で、地球だけでなく太陽系全体が私たちの家です。」 共同執筆者でSAIの代表取締役のディミトリ・モライティスは次のように補足します。「宇宙にいる地球外の生命にかんする疑問全体が皮肉です。なぜなら、スピリチュアル的に言うと、宇宙全体が生きているからです。 現代科学がこの事実をとらえるのは単なる時間の問題です。」新しい写真が到着して興奮がわきおこり、多くの人がキュリオシティの火星の写真とナバホの砂漠を比べています。これらの発見は、私たちが、私たちの命があらゆる生命とどのように絡み合っているかに気づくことを助け、私たちの青い惑星に存在するあらゆる存在と敬意に満ちた関係を積極的に築いていくことを助けてくれます。だとすれば、キュリオシティの使命は、人間の意識や理解の新しい扉を開けてくれることなのかもしれません。

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2012/08/16/curious-about-life-in-mars/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず