オーラと創造性

The Aura and Creativity

swirls of colors創造性は個人的にも進歩的な社会においても不可欠です。世界は創造的なエネルギーを必要としています。アーティストや発明者であるかどうかにかかわらず、創造性はあなたの人生の一部である必要があります。それはあなたのスピリチュアルな力の一部であり、人生がエキサイティングになります。今日の科学の世界では芸術を軽視する傾向にありますが、両者はバランスのとれた生活のために不可欠です。

神は創造的で、創造性はあなたのスピリチュアルな進化の一部です。創造的であることは神を映し出すことであり、より高い意識のレベルをあなたにもたらしてくれます。神は創造する能力を与えてくれました。それは最大の祝福の一つです。創造的であることは、そうなることを運命づけられている共同して創造する存在になるためにあなたを訓練してくれます。

あなたのオーラは創造性を構築するのに不可欠な役割をになっていて、創造的であるための力を生成する場所です。その力を生成すると、それはあなたの人生に現れます。

創造性はオーラでどのように見えるのでしょう。創造性は多くの方法で現れます。最初にあげる最も顕著なものは、磁気部門として知られているオーラの一部です。磁気部門はハートチャクラの左側に、少し上に見え、そこからエネルギーが放射される青い光の球体のように見えます。ほぼ独自のエネルギーセンターのように見えます。これは、創造的なアイデアを客観的な形に変えるスピリチュアルな力を生成する場所です。創造的なインスピレーションに命を与える場所です。磁気分野でもっとも頻繁に見られる色は鋼青色(鮮やかな青)ですが、それはこれが才能のエネルギーだからです。

誰かが非常に才能があってその才能を表現している場合には、鋼青色が鮮やかに、強く放射されます。才能があってもその才能を表現していない場合は、鋼青色が色あせてきて、才能はそこにあるのに使われていないことを表します。

非常に創造的な人には、磁気分野に加えて、頭上からパウダーブルー(淡い水色)と銀の光の流れが放射されているでしょう。これはその人が聖なるインスピレーションに接触していることを示しています。才能とインスピレーションは、2つの異なるエネルギーであることに注意してください。これはなぜかというとそれらが創造的なプロセスの2つの異なる側面を表しているためです。才能があってもインスピレーションを受けていないことはありえますし、その逆もありえます。両者が共に働いているときは創造的な偉業を成し遂げることができます。

どのように創造的な流れを増加させるのでしょう。創造的であることを始めてください。あなたがプロのアーティストなのか、単にあなたの中に創造的な衝動を表現するだけなのかは重要ではありません。歌いたいと思うなら歌ってください。書きたいという願望があるなら、書き始めてください。人生のその部分を、個人的な創造的表現の純粋な喜びにしてください。あなたの創造性を判断してはいけません。それが本当にあなたのハートから来ているなら、聖なる流れの一部であり、構築されるでしょう。

インスピレーションと新しいアイデアのためにパウダーブルーを呼び出します。この力のもとで瞑想をして、あなたのあらゆる意識のレベルをそれが祝福するのを感じてください。それからすべきだとインスピレーションを受け取ったことを何でもやり抜いてください。神は怠惰な考えで私たちを鼓舞したりはしません。インスピレーションは使うことを意図されているのです。そして、創造的な表現を通してあなたは、聖なる源と創造的な生命の鼓動そのものに近づいているのです。

聖なる光と愛のうちに、

スピリチュアル・ディレクター
バーバラ・Y・マーティン

Reprint from Aura Inspirations March/April 2012 Issue 

http://aurablog.org/2012/05/09/creative-energy-the-aura-and-creativity/

Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず