静寂に戻る

Return to Silence

あらゆる創造物のなかで神ほど静寂なものはない。
– マイスター・エックハルト

現代世界にいる私たちは騒音の氾濫のなかにいます。音の公害の絶え間ない流れ―車のブンブン走る音、コンピューターの発信音、冷蔵庫の唸る音、テレビの耳障りな音、携帯電話の鳴る音など―のために、私たちはバランスを崩した状態にあります。

2007年のサザン・メディカル・ジャーナルでは、騒音公害が「ストレスの原因となり、睡眠、集中、コミュニケーション、創造力、休養を妨げる」ことが実証されています。ルイス・ハグラー博士と正看護婦のリサ・ゴーインは次のように続けています。「騒音は、聞き取りに害のない程度であっても、睡眠中のものでさえ、無意識では危険信号として認識されます。」

こういった妨害にどのように対抗したらよいのでしょう。現代科学は、コンピューターのプラグを抜き、携帯電話の電源を切り、リラックスした状態を享受するように言っています。科学は神秘主義者がずっとわかっていた―静寂は不可欠である―ことに気がついています。

形而上学は私たちに静寂は啓蒙の主要な鍵のひとつであり、高度に進化した魂の印であると教えています。静寂は本当は音とは無関係です。真の静寂は、神とひとつであることを感じる精神の状態、存在の状態です。あなたが静寂にあるとき、世界の試練はもはやあなたに妨害するような影響を与えることはありません。

バーバラ・Y・マーティンは、静寂の重要さを強調します。「誰かが神秘主義者が「平和の静けさ、静けさの平和」と呼ぶところのスピリチュアルな静寂を発達させると、それはオーラに、まばゆく、美しい、白いオーラとして現れます。この白い光は獲得するのが難しいエネルギーで、高いスピリチュアルな状態にあることを示す指標です。」

この内なる平和を得るための最高の手段のひとつが瞑想です。瞑想することであなたは神から「受け取る」能力を発達させ、聖なる静けさに接近する能力を深めます。このつながりはあなたが取り組むことで確立し、強化されます。このつながりが深まるにつれ、あなたの人生はより調和に満ちた状態になり、広がっていきます。あなたは人生の試練に対抗するのではなく、「応答」できるようになり、快い歓びが心の中に咲くようになります。

静寂というスピリチュアルな特性に焦点を当て始めるために、マーティンは平和の紫の光線を使って瞑想することを勧めています。紫の光線が平穏と静けさであなたを包み込むようすを視覚化してください。このエネルギーで2~3分瞑想し、問題やいらだちが落ちて消えていくのを感じてください。特に、このエネルギーがあなたの神経を祝福し、ストレスを解放するのを思い描いてください。

もうひとつの素晴らしい手段は、深く、ゆっくりとした呼吸です。ゆっくりとした呼吸は、心臓の鼓動を遅くし、血圧を下げます。このことが肉体と精神の休養を喚起します。

自分の状態がどのようにあるかにかかわらず、あなたはスピリチュアルな静寂に焦点を当て、つながる能力を持っています。詩編46節に引用されているように「じっとして、私が神だと知りなさい」。

*source: Noise Pollution: A Modern Plague,  by Dr. Louis Hagler and RN Lisa Goines
*sunrise image by neil_barman
*traffic image by realSMILEY

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2011, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2011/10/20/return-to-silence/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず