シンプルに生きる

Live Simply

他の人がシンプルに生きるようにシンプルに生きなさい

~エリザベス・アン・シートン

シンプルに生きることは手放すことを学ぶことです。正しくある必要性、持つ、する、多くある、他の人に認められるといった必要性を手放すことで、私たちはこの世界の幻想から自分自身を解放し、すべてのものに常に現れる内在する神性を目撃し始めます。

どのように手放すことを学ぶのでしょう
この瞬間の素晴らしさにもっと気づくように私たちを助けてくれる豊かな道具を私たちは与えられています。幸運なことに私たちはそれらを使うことも楽しむこともできます。

色:
色は肉眼によって受け取られるさまざまな光のグラデーションです。形而上学では色は「神様の生命力をすべての創造物に推し進める神様の光」(Change Your Aura, Change Your Life)としてとらえられます。この色の理解を用いることで、私たちは自分たちを取り囲む色によって、よりバランスがとれ、より優しく、より平和になることができます。色の力を利用するためのもっとも簡単な方法のひとつは自分が着る服の色を注意して選ぶことです。バイタリティがもっと必要なら赤を着てください。バランスと調和が必要なら緑にすべきです。インスピレーションを使う必要があるとしたら?水色が助けてくれるでしょう。

アファメーション:
私たちの思考は私たちの生活の質に直接影響を与えます。スピリチュアルな力と誠実さとともにアファメーションを唱えることで宇宙のポジティブな流れに私たちの精神を同調させ、私たちの人生を私たちのハートが最も望んでいる経験に惹きつけます。アファメーションはポジティブな宣言です。否定は含みません。例えば「私は病気ではない」という代わりに「私は完全な健康だけを認めます」と言ってください。

動き:
集中し、手放すための最も簡単な方法のひとつは呼吸の動きに意識を向けることです。吐く息と吸う息、おなかの静かな上下の動きを安らかに見つめることで、私たちは心臓の鼓動をゆるやかにし、神経を鎮め、緊張をほぐします。このちょっとした行為が、私たちの現実を完全に変えることができます。今度あなたが焦っていると感じたり、難題の只中にいると感じたら、ちょっと動きを止め、鼻から深く息を吸い、口から息を吐いてください。これを最低3回繰り返し、胸を柔らかくし、胃を広げましょう。心を静める効果を高めるために、息を吐くときに、深く「アー」とため息をついてください。この音が、あなたの潜在意識に、安全なので体の筋肉を緩めて放しなさいと伝えてくれます。

*エリザベス・アン・シートン(1774-1821)は愛徳修道女会を設立し、初代修道院長を務めたた米国の宗教家

**shewatchedtheskyによるイメージ

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2011, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2011/06/24/letg/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず