天使とスピリチュアル分野

Angels and Your Spiritual Divition

spiritual division人間のオーラのなかで最も神秘的で素晴らしい部分がスピリチュアル分野です。この分野は頭上60センチくらいのところに七つの弧を描く帯のかたちで光の虹のように見えます。これらの光の帯は、地上でのさまざまな転生で獲得したスピリチュアルな力の蓄積を表します。この部分が鮮やかであればあるほど、魂はより発達しています。あらゆる良い行い、スピリチュアルな努力をしたあらゆる転生、熱心さが、この分野の力を打ち立てます。成熟すると、それは、オーラの中で素晴らしい外観を呈し、本当に光に満ちた魂の目印となる特徴のひとつです。

私たちは、生まれるときに、この分野を持ち込みます。私たちは、それをより強く、明るくするように意図されています。そして、ちょうどよい時に、人生の探求やスピリチュアルな成長を助けるために、この蓄積された力にアクセスすることが意図されています。スピリチュアル分野から力を引き出すときは、あたかも忘れていたスピリチュアルな銀行口座から引き出すかのようです。それによってスピリチュアルな旅が驚くほど加速します。しかし、多くの場合、私たちは、発達したスピリチュアル分野を持っていても、その力に接近できません。このことは、強いスピリチュアルな可能性を持っていても、まだそのスピリチュアルな生活の部分で目覚めていないということを明らかにします。

スピリチュアル分野の独特の特徴は、聖なる存在たちとの関係です。もし、ある魂が過去生でスピリチュアルなヒエラルキーと強いつながりを獲得しているとするなら、その道で多くのことがなされているため、そのエネルギーのいくらかはスピリチュアル分野に蓄積されます。その魂が転生するとき、その人はその聖なる存在たちとのつながりを再燃させることが意図され、その過程をスピリチュアル分野が助けることができます。その魂の準備が整うと、高次の存在たちは、スピリチュアル分野のその力を活性化し始め、その力を私たちに送るでしょう。これが、私たちが持っていることすら知らなかった神性の気づきを再び目覚めさせる効果をもたらします。つまり、スピリチュアルな努力は気づかれないままあることはないということですから、素晴らしいことです。高次の存在たちは、ちょうど良い時に、あなたのオーラを増強し、あなたを祝福するために戻ってきます。

厄介なことに、スピリチュアル分野の力は自分だけでは引き出せません。私たちのオーラのこの部分から受け取り始めるタイミングは、完全に高次の存在たちの手中にあります。この力はとても貴重で、勝ち取るのが大変です。ですから、たとえそれが私たちが獲得した力であっても、聖なる存在たちは、私たちがこのエネルギーを受け取り、効果的に使う準備ができるまで待ちます。私たちがいったんそうなると、意識への新しい扉が開き、さらに良い方に、永遠に変わります。

私たちがそうしたい時にオーラのこの部分に直接接近できないなら、どうやってスピリチュアル分野とともにうまく働けるのでしょうか。第一の鍵は瞑想です。瞑想は毎日実践されるべきです。瞑想を通して私たちは普遍的な生命力と神の聖なるインスピレーションを引き出します。さらに、あなた自身の蓄積したスピリチュアルな力を引き出し始めるための条件を固めます。

もうひとつの方法は、スピリチュアル・ヒエラルキーとより親密に働くことです。スピリチュアルな実践に聖なる存在たちを含めることで、あなたは、スピリチュアル分野へのつながりをかきたてるのを助ける、内的生活への扉を開きます。天使たちの影響にオープンになると、あなたはまた、他の転生で獲得してきた神性との過去のつながりにもオープンになっています。それは、ちょうど長い間お互いに会っていなかった友人のようなものですが、ちょうど別れた時の友情を回復します。

あなたのスピリチュアルな行程は、神との関係であるため、多くの転生をかけたプロセスであることを心にとどめておいてください。スピリチュアル分野は、私たちに、私たち一人一人が、現在の視野で想像できるよりずっと大きな、ものすごいスピリチュアルな旅の途中にあることを思い出させてくれます。聖なる存在たちは、このより大きな視野から見ることができ、私たち全員が含まれている輝かしい遺産に目覚めることを助けてくれるのです。

愛と光

バーバラ・Y・マーティン

Copyright 2014, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from http://aurablog.org/2014/08/02/angels-and-your-spiritual-division/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。