信仰の躍進をとげる―個人の証 

Taking a Leap of Faith

Before I leapアドリアナ・パレデス <これは証シリーズの最初のブログです>

私の窓の外の木々の輝きは、私が以前研究で二つの修士号を取得したときと同じくらい真剣に信仰の躍進をとげた夏のことを思い出させます。

私の信仰の躍進の瞬間は、バーバラ・マーティンとディミトリ・モライティスによって書かれた『オーラを変えて人生を変えなさい』で提案されていた瞑想に取り組み始めて2年以上たってからやってきました。

芸術家として私は色が大好きだったので、オーラの色に取り組むことは私を幸せな気分にしてくれました。この本はインスティトゥートが提供しているすべてのプログラムへと招待してくれる入口に過ぎないことを私は知っていました。最初に私が彼らのウェブサイトを見たときは、キャンバスが私自身のオーラだったという違いを除けば、あたかも新しい絵を描くための美術道具を手に入れるために画材店に入ったかのようでした。自分がインスティトゥートに参加したいということが心の中でわかりました。

ある日、インスティトゥートに電話をするようにうながすインスピレーションにしたがって行動しました。私は最初のオーラ・リーディングを受けましたが、その後に起こったことはまさに画期的でした。私は、オンラインコースが私を完全に変えたということを、正直にお話しします。透視能力がある15年来の私の大切な友人は、そういったコースを受けることが私が以前より落ち着いた状態でいることを支えていると言っています。彼女によると、私は頭よりハートの中のスペースにいるようになったそうです。私はあたかも私のスピリットが私の性格を導き、よりいっそう愛する能力を強化してくれているかのように感じています。

SAIについて私が気に入ったことはたくさんありますが、そのうちの一つは、彼らがコースやワークショップを提供するときに「6週間後には新しい人になっているでしょう」といった偽りの約束をしなかったということでした。その代わりに、彼らは、私たちが本当の自分になるように優しく導いてくれました。自然がそうであるように、スピリチュアルな成熟には時間、継続、忍耐が必要だということに気がつきます。最終的には、ハイヤーセルフをとおして私たち一人ひとりに優しく話しかけ、導いているスピリットの声を聞き、理解できるようになります。それは、この自己発展の時代においてはたやすく純粋な願望だとまちがって認識されがちな欲望や渇望、執着に満ちた私たちのパーソナリティの声には相反する声です。

私はスピリチュアルな成長に時間をゆだねているので、奇跡が人生に現れてきました。この旅に費やした時間は、それが価値のあることだということを証明してきましたし、私はこの道が続いていくということがわかって安心しています。

私は、スピリチュアルな成長について真剣に考えているすべての人に、次のステップとしてスピリチュアル・アーツ・インスティトゥートを考えてほしいと思っています。そこにはあなたの人生と世界を変える力があります。

Copyright 2013, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず