七つのスピリチュアルな技術

The Seven Spiritual Arts

331形而上学的生活には様々な側面があり、まずどこに注意を向けるべきか、時として混乱することがあります。少し例をあげれば、天使、オーラ、透視、チャクラ、ロウアーセルフとハイヤーセルフ、エネルギーヒーリング、瞑想、カルマなどがあります。よく誤解されますが、形而上学は多数の切子面を持つひとつの宝石です。それぞれの側面はこの大きな学びの一部です。形而上学の目的はスピリチュアルな成長です。それは、スピリチュアルな可能性に到達するのを助けるために設計されています。

形而上学に慣れるのを助けるために、聖なる存在は、形而上学の基礎として機能する七つの本質的な学びを明らかにしています。これらの学びは「七つのスピリチュアルな技術」だと考えることができます。もちろん七つの学びより多くのものがありますし、これらの七つが最初に学ばれなければならないというわけではありません。しかし、長年教育に携わってきたなかで、それらはスピリチュアルな旅路における堅固な基礎を築き上げるのに非常に貴重なものです。

次にあげるのが七つのスピリチュアルな技術の概略です。

オーラとスピリチュアルエネルギー

オーラはあなたの基礎です。あなたの生活のあらゆる側面がオーラに反映されます。オーラの力を通して、あなたはスピリチュアルな気質を鍛え、スピリチュアルな頂点に到達します。瞑想と祈りを通して、様々なスピリチュアルエネルギーを請い、オーラを築くことができます。これがあなたが目的や夢を達成させるための聖なる力をあなたに与えてくれます。

ヒーリング

癒しの能力なしではあなたはこの人生をやっていくことができません。ヒーリングとは要するに変化です。ある状況から別の状況に変えることです。スピリチュアルに進化するにつれて、あなたは意識のあらゆる部分を変化させていきます。そうするためには、スピリチュルヒーラーとしての技術を発達させる必要があります。

カルマと転生

私たちは皆、あらゆる側面における命を経験するために、何度も肉体で生まれます。転生に密接につながっているのがカルマ―原因と結果の法則―です。あなたが、スピリチュアルな成長の他の部分にどれだけ注意を向けたとしても、カルマに向き合い、この進化の部分をより大きな調和に導かない限り、あなたは頂点に達することはできません。

スピリチュアルな生活を送ること

真実はそれがあなたのハートに生きない限り、真実ではありません。あらゆるスピリチュアルな知識、瞑想、祈りに関する目的は、適用です。魂は経験を通してしか成長することができません。形而上学はあなたの日々の生活の中で信仰、信頼、愛、意志、勇敢さ、勇気、喜び、決心、忍耐といった性質を用いながら、実用的であるように意図されています。

スピリチュアルなヒエラルキー

あなたは道を一人で歩いているのではありません。道のあらゆるステップにあなたとともにいるのがスピリチュアルなヒエラルキーです。こういった聖なる存在たちはあなたが進化するために必要なことをあなたに鼓舞しながら、あなたのスピリチュアルな成長を導いています。

意識

意識は最も大切です。あなたの魂の可能性を開く行為は、あなたの意識をより大きな気づきのレベルに高める行為です。意識は様々な段階でどこにでもなんにでもそあります。 意識と密接につながっているのが、思考と感情と、それらがどのようにあなたの神なる気づきを確立するための道具であるのかを理解することです。

あなたの上昇

あなたのスピリチュアルな上昇のより大きな全体像を理解することは重要です。今現在、あなたはスピリチュアルな意識の層を通って進化しています。あなたの上昇の行為の全体像を得ることは、あなたが正しい道を歩み続け、迷ったり、本当に魂を進化させることがない実践にずれたりしないための羅針盤として機能してくれます。

あなたの魂の可能性を発達させるための時間を割いてください。忍耐を持ち、粘り強く、これらの七つのスピリチュアルな技術を用い続けてください。 毎日の実践を通してあなたはより高い命への橋を築いているのです。

神の聖なる光と愛のうちに

バーバラ・Y・マーティン

スピリチュアル・ディレクター

Copyright 2013, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from July/August 2013 Issue of Aura Inspirations

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

 

今日の引用

The Ladder

「梯子」

地上にいる死すべき存在が、
誕生するとき神様は梯子を与えてくださいます。
魂はこの梯子を上らなければなりません。
谷の底から一歩ずつ。
宇宙の中へと一歩ずつ。
この生命の梯子を上って、元いた場所まで。

時が耐え抜く過去の時に
私は自分の梯子を作り、あなたはあなたの梯子を作ります。
どんなものであっても私たちが作ったもの。
光の梯子、影の梯子、
愛の梯子、憎悪の梯子、
強い梯子、弱いひもの梯子、
金の梯子、藁の梯子、
それぞれが正義の法則の梯子。

私たちは死の合図でそれらを放り出し、
次の生命の息吹で再び拾い上げます。
偉大な誕生の門のそばに守り人が立っていて、
この梯子が待つ魂が通ります。

私のは狭く、あなたのは広くとも、
私が神様のところまで上れるのは私の梯子だけ。
あなたの足で上れるのはあなたの梯子だけ。
だれも借りたり貸したりすることはできません。

苦難、困難、痛みに出会い、
曲がるたびにねじれたりからまったり、
錆びた鉄や腐った木の壊れやすい枠は、
あなたが丈夫にするのです。
人生の長さの分だけ、仕事は大変になりますが、
この梯子だけがあなたを天国の喜びやスピリットの求めるものへと
導いてくれる道なのですから、
他の道からやってくるすべてのものは幻で、
長くとどまったりはしないのです。

だから、無駄な努力に浪費する時間はありません。
梯子を再建し、上って、上って、上りなさい。

~修道院長バイオレット・ブルーストン

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2011, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2011/02/18/the-ladder/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

覚醒へいたる800回の人生

800 Lives for Enlightenement

バーバラとディミトリの最新の著作『カルマと転生』からの引用です。

転生は魂の進化のプロセスです。それぞれの魂はスピリチュアルな気質の進歩を遂げ、スピリチュアルな熟達に達するために、平均して800回生まれ変わります。再誕のプロセスをとおして、私たちは自由意思を完全に表現し、カルマを解消する機会を与えられます。

カルマはサンスクリット語の「すること、作ること、行為、行動」を表すkrから派生しました。カルマは人生のバランスをとるものでしょうか。それは調和をとるものです。カルマは、行為とその結果という原則です。私たちがとるすべての行為には、その行為の結果として避けられない影響があります。「カルマの法則は、あなたをより大きな存在にし、あなたが持っているより大きな目的である神様との一体化に気づかせるために意図されています。」

これらの800回の人生で、魂は3つのはっきりした段階を通り抜けます。本能的な段階に約200回(痛み、よろこび、誕生、死、性といった、本質的に生存にかかわる本能的な変化だけの物理的・肉体的な人生)、知的な段階に500回の人生(自己を意識し、責任に目覚める段階)、そして覚醒した段階に100回の人生(意識的に神様とともに創造する段階)が必要です。

地球は素晴らしい「学校」で、熟達の異なるレベルの魂がお互いに混ざり合って、助け合っています。それぞれが最愛の存在である神様の心の中にあるのですから、あらゆる成長のレベルを尊ぶことが重要です。

人類は岐路にいます。多くの魂がした転生のサイクル覚醒に達する準備ができつつあります。すでにその跳躍を成し遂げた人たちもいます。開花しつつあるスピリチュアル・ルネッサンスは偶然の出来事ではありません。人類は、これまで以上に親密に神様と交流する、進化の、輝かしい新時代のための準備をしています。

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2011, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2011/02/22/800-lives-to-enlightenment/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

カルマと転生―7つのスピリチュアルな技術

<7つのスピリチュアルな技術「転生とカルマ」>

原因と結果の法則は、宇宙の主要な法則のひとつです。人間の形で生まれることで、私たちは人生の多くのレッスンを学ぶ機会を与えられます。カルマに向き合い、解消することで、私たちはスピリチュアルな進化で最大の躍進をとげます。

この開眼のコースは、多くの誤解を一掃し、カルマと転生のプロセスがどのように働くのか、カルマ的な状況を癒すのを助けるためにどのようにスピリチュアルなエネルギーを使ったらよいのか、過去のポジテイブな経験をどのようにあなたの役に立つように使ったらよいのかを詳しく学んでいきます。

カバーされるテーマ:

・なぜ転生が必要なのか
・スピリチュアルな性質の進化をとげるためにどのように魂が最低800回生まれるのか
・死ぬとどうなるのか
・生まれ変わる前に生きるべき人生をどのように見せられるか
・カルマ的な状況を特定する鍵
・さまざまなカルマのタイプ: 個人、魂、家族、人種、国、世界のカルマ
・ソウルメイトの真実
・必要性の車輪から抜ける方法
・カルマに向き合う方法
・過去生を思い出すこと
・カルマ的状況を緩和するために神様の光を使うこと

スケジュールと費用 | オンライン登録 | オンラインコース

Reprint from www.spiritualarts.org. Copyright 2011, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://spiritualarts.org/ReincarnationKarma.aspx

日本語翻訳権Megumi 無断転載を禁ず

カルマのガイドライン

バーバラとディミトリの本『カルマと転生』からの引用です。

カルマは出発点で終点ではありません。どんなカルマ的な状況におちいっているとしても、それは物事を変える出発点なのです。カルマは人生を調和の状態に引き戻すための神様の調整の過程です。

「私はこのようなことを苦しむことになっている。これはカルマで、これを耐えなければならない。」というようなことを考えている状態に気づいたら注意してください。そうすることであなたはカルマを作り出してしまうかもしれません。なぜならあなたはすべきことを避けているからです。カルマは人生の問題に取る組むことを避けるための言い訳ではありません。

あなたは成功するために生まれています。あなたの置かれている状況がいかに悲惨であっても、神様はあなたを大事に、そして欠くことのできないものとして見ています。あなたが抵抗するとき、あなたを調和の状態に戻すためのスピリチュアルな成長の一部として葛藤や不和が起こります。

以下はカルマに関して最初に思い出すべき3つのポイントです。

・レッスンに注意を向ける

・カルマと向き合う

・あなたはいつも解決できるだけのカルマを与えられている

神様の光のうちに

バーバラ・Y・マーティン

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2011, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2011/05/26/karmic-guidelines/

日本語訳著作権Megumi 無断転載を禁ず