オーラとスピリチュアルなリズムで生きること

Sharing is caring!

私たちは皆、いかに人生が忙しくなりえるかについてわかっています。自分が人生を走らせているのではなく、自分の人生が自分を走らせているように感じるかもしれません。健康的な生活の鍵は、さまざまな活動が互いに調和して働いているバランスです。体ではこれを恒常性と呼びます。体が調和しているとき、体系は平衡状態にあり、健康が維持されます。その調和が損なわれると、多くの病気や身体的苦痛が起こります。

同じことがあなたのオーラフィールドにも当てはまります。あなたのオーラは振動しています。カラフルなエネルギーはさまざまなリズミカルな流れで動きます。あなたのオーラが調和しているとき、あなたの人生はスピリチュアルなリズムで動きます。あなたに不一致があると、これらのオーラのリズムは乱れ、あなたが使うことのできるスピリチュアルな力を弱めたり損なったりする可能性があります。オーラがリズムから外れている場合、あなたは心配と懸念に飲み込まれ、当惑した状態だと感じるかもしれません。しかし、人生の活動とあなた自身の内的闘争が同時にあなたを異なる方向に引き込むように思えるとき、どのようにスピリチュアルな均衡を保つのでしょうか。

最初のステップは、オーラと意識をコントロールできることを認識することですが、そのコントロールを行使する必要があります。たとえば、オーラの活性放射と呼ばれるオーラのチャクラから放射されるスピリチュアルエネルギーがあります。これらの活性放射は、チャクラの中心から出る太陽光線のように見えます。これらの放射は、すぐに色が変わります。たとえば、あなたが愛情のある状態でいる場合、それはその愛を反映したピンク色の光を放つことができます。しかし、何かに怒ったり動揺したりすると、それらの放射線はすぐに暗い色に変わり、あなたが感じている怒りや刺激を明らかにします。

同時に、扇状光線と呼ばれるチャクラから放射される他のスピリチュアルエネルギーがあります。これらのエネルギーは、チャクラの両側から「扇状に」広がり、透視的に見ると非常に印象的です。それらは思考や感情の傾向を明らかにします。言い換えれば、それらは活性放射のように急速に変化しません。それらはよりゆっくりと変化します。あなたが何かに怒ったものの、全体的に愛情のある状態だった場合、活性放射は暗くなりますが、扇状光線は愛情のある振動にとどまります。これにより、オーラに矛盾するエネルギーの流れが生じ、一方は健康的な動的なリズムで動き、他方は即時の苦痛の影響を受けます。

すぐに自分自身をとらえれば、苦痛の活性放射のエネルギーの流れを、オーラへの調和を取り戻すより積極的な流れに戻すことができます。しかし、あなたがその怒りや心配にあなたを消費させた場合、それは最終的に扇状光線のエネルギーの流れを変えて暗くする可能性があります。これは、より深いオーラのリズムが悪影響を受けたことを意味し、これが持続的な苦痛を引き起こす可能性があります。あなたはそれを感じ、その感覚はすぐに消えることはありません。これは、より深いことが起こっていることを示しています。もちろん、この暗い扇状光線を明るい色に戻すこともできますが、より多くの時間と労力がかかります。

許可しない限り、オーラフィールドを乱すことはできません。あなたの人生でカーブボールが投げられた場合、最初にすべきことは、たとえ問題への答えがすぐに来ないとしても、平衡を保つことです。オーラのリズムを維持すると、提示されているものを一度に1つずつうまく処理できるようになり、神のリズムで動くようになります。スピリチュアルな調和を保つには力が必要なため、神の光で瞑想することはスピリチュアルな平衡を保つための重要な鍵です。

Copyright 2019, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず
Reprint from http://spiritualarts.org/blog/from-barbara-and-dimitri/your-aura-and-living-in-spiritual-rhythm/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

shares