現代の奇跡

SAIスタッフ アドリアナ・パレデス

私たちは皆、現代に起こった奇跡の話を聞くのが大好きです。カリフォルニア州のベンチャーにある「シングス・フロム・ヘブン」はアンディー・レイキーの作品を売る小さなギャラリーです。ここは奇跡を探す人たちに人気のスポットになっています。

1985年の新年のパーティーで、アンディー・レイキーはフリーベースコカインを過剰摂取しました。シャワーを浴びながら横たわり、もう死ぬかと思ったときに、神に自分の人生を使ってくれるように頼みました。自分を変え、何か人類に役立つことをすることを誓いました。彼の心からの祈りが終わって少したったときに、彼には自分の周りを天使たちが取り囲み、彼を支え、抱きかかえているのが見えました。レイキーは彼の祈りが聞き届けられ、自分が救われたことがわかりました。

自分の言葉に誠実に、レイキーは完全に生き方を変えました。彼がスピリチュアルな出会いをした天使たちを取りつかれたように描きだしました。それから3年間、数百枚の絵を描きました。後に彼は絵を描くことを職業にすることに決めました。 仕事を辞め、アートスタジオを開き、天使との経験に基づいた芸術の創造に没頭しました。レイキーは芸術家としての訓練を積んでおらず、どう描いたらよいか見当もつかなかったことが唯一の問題でした。しかし、再び天使と出会い、キリストの生誕2000年を祝うために最低2000枚の天使を描くというインスピレーションを受け取りました。

彼はこれを成し遂げただけでなく、彼の最初の天使の絵はヨハネ・パウロ二世に送られ、現在はバチカンの壁に掛けられています。今日、レイキーは天使の作品で有名です。彼の作品は崇敬され、多くの支持者たちは、彼の天使の芸術作品にただ触ったり、見たりするだけで気分が良くなると言います。

レイキーは彼の作品のポジティブな効果については保証はしていません。彼は言います。「私を通って芸術作品に流れているのは神の光です。」

透視能力者でスピリチュアル・ティーチャーのバーバラ・Y・マーティンは次のように言っています。「天使たちは人類を導く力です。時に私たちは人生の問題に埋没しすぎて神の援助があるということを忘れてしまいます。私の個人的な生活においても、仕事の上においても、天使たちとは共に直接働いていて、彼らの愛と配慮なしには私が行ってきたことはできなかったことでしょう。」

常務取締役でスピリチュアル・ティーチャーのディミトリ・モライティスは次のように補足しています。「この話は私たちが神を信頼するときどれだけのことが成し遂げられるかを思い起こさせてくれます。人生に何が起こるか、何か起こったかは関係ありません。私たちのスピリットとの絆を刷新する機会は常にあるのです。」

スピリチュアルな祝福の時期の、ホリディシーズンにあたるこの時期には、私たちは皆、天使が近くに現れることを経験してみたいと願います。魂を輝かせるような内面の性質に至ることによってそのような経験ができるかもしれません。私たちが自分がなれる最高の状態であろうと努力するとき、神の御使いが毎日の生活のなかで共に歩いているのを感じることができるかもしれません。

出典:

http://abcnews.go.com/GMA/story?id=128241&page=2#.UKalHeQzPzl

http://www.beliefnet.com/Inspiration/Angels/2000/06/Andys-Seven-Angels.aspx

Reprint from http://aurablog.org/2012/11/23/modern-miracles/

Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず