オーラと真実

The Aura and Truth

バーバラ・Y・マーティンとディミトリ・モライティス

人間のオーラの最も魅力的な側面の 1 つは、嘘をつかないということです。あなたが本当に考え、感じ、行動することはすべて、あなたのオーラフィールドに反映されます。あなたが愛を感じているなら、オーラにその愛を反映する高揚するピンク色のエネルギーがあります。あなたが怒っているなら、その怒りはオーラに不穏で衰弱した赤いエネルギーを生み出し、それを一掃する必要があります。私たちはお互いに、あるいは自分自身に嘘をつくことはできますが、その嘘をオーラから隠すことはできません。したがって、オーラはスピリチュアルな真実を告げるものです。

誰かが嘘をつくと、オーラには醜いエネルギーが宿ります。それは汚い、暗いアボカドグリーン、つまり欺きのエネルギーとして伝わってきます。問題は、あなたが嘘をつくと、自分のオーラにアボカドグリーンのエネルギーを生成するだけでなく、その負のエネルギーを他の人に拡散する可能性があるということです。エネルギーの伝達があります。アボカドグリーン エネルギーは、騙されている人に投影する可能性があります。受け取った人がその嘘を受け入れると、その人はアボカドグリーンのエネルギーの一部を自分のオーラに受け入れます。

さらに悪いことに、その人がその欺きを受け取り、受け入れた後、それを他の人と分かち合うと、その人がその嘘の創始者でなくても、その負のエネルギーが広がり続ける可能性があります。伝染病のように、偽りも人から人へと広がる可能性があります。これが、陰湿な信念が急速に成長する 1 つの理由です。そのままにしておくと、すぐに同じ嘘を信じ、その虚偽を強化する人々のグループが現れる可能性があります。

誤った情報が真実よりも速く伝わる情報化時代の爆発的な増加に伴い、真実と虚偽を区別することがこれまで以上に重要になっています。形而上学は、真実は客観的であることを教えています。それは生命の普遍的な法則の一部です。真実はダイナミックなロイヤルブルーの光としてオーラに現れます。

私たちの意見は異なることがありますが、意見は真実ではありません。意見や信念は個人的な主観的な視点であり、必ずしも客観的な真実ではありません。スピリチュアルな探求者として、あなたは真実を求めています。何かが間違っていることに気付いたら、すぐにそれを認めて修正してください。真実はあなたを自由にします。真実ではない何かを受け入れたことに最初は心が痛むかもしれませんが、それは一時的なものです。それを手放すと、新しい健康的な機会があなたに開かれます。

瞑想は神と触れ合う時間であるため、瞑想とオーラが役立ちます。そして瞑想を通して、あなたは真実を受け取るように求めています。その波動がオーラに伝わり、真実をより容易に認識して受け入れるのを助けます。すべてのことに真実を持ち続ければ、それはあなたの一生に役立つでしょう。

バーバラとディミトリより

Copyright 2021, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from The Aura and Truth | Spiritual Arts Institute
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず

このテーマについてのワークショップが開催されます。詳細はこちらをご覧ください。