神の経験を呼び覚ます

Awakening the Divine Experience   By Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

スピリチュアルな道は、あなたのあらゆる才能と技術を必要とするために、最も興奮させる旅です。スピリチュアルな成長を追い求めるとき、あなたは最高の、最も高貴な性格を育てようとします。毎日あなたは最高の自分になるために、愛に満ちた奉仕の状態にあるように、そしてスピリチュアルな生き方について学べるものをすべて 学ぶように努力します。これらはすべて進化している魂の特徴です。

しかし、形而上学の旅の最大の神秘のひとつは、神秘体験をすることです。あなたがそれをビジョンと呼ぶか、励ましと呼ぶか、黙示と呼ぶかにかかわらず、純粋に神を経験することは人生を変える瞬間です。ダマスカスへの道の途中で、サウロはビジョンによって永遠に変わりました。その経験がどんな形をとるかにかかわらず、物質のベールを超えたスピリチュアルな現実の側面に気づくことは興奮します。あなたのドアをノックしているのは神です。

そのようなスピリチュアルな経験をあなたはどのように考えますか。また、まだビジョンやスピリチュアルな励ましを得ていないとしたらどうですか。それでもあなたは神と調和していますか。

Awakening the Divine Experience Article | SAI Blog
第一に神は等しく全員を愛しています。神は毎日地上のすべての魂を祝福し、鼓舞しています。スピリチュアルな道にいることは、神なる生活を探求して、自分の可能性を開花させるように訴える内なる励ましをあなたがすでに得ていることを意味します。

神が私たちの精神生活を開く異なる方法がいくつかあります。私たちは高められたレベルの意識を経験するかもしれません。これによって、人生の理解が、予測できなかったように、素晴らしい方法で変化します。より穏やかな形では、私たちはこれを「アハ」モーメントと一般的に呼びます。

それからよく知られた透視能力や、他のタイプの知覚の経験があります。これは精神世界が私たちに直接開かれるところです。否定できない、疑いようがない、ドラマチックな瞬間です。直感として知られる、この知覚的な励ましのより穏やかな形があり、私たちは皆、それぞれこれを持っています。それから、明らかに自分の「外側」からやってきた輝かしい直感やビジョンがあります。

神の経験を呼び覚まし、深めるには、最初に経験ではなく、神を探してください。透視能力のようなものはスピリチュアルな成長の副産物です。瞑想と祈り、健康で、親切で、倫理的な生活によって、神秘体験は自然に生じます。大きな印やサイキックなセンセーショナリズムを探すことを避けてください。神聖な瞬間は、「内なる静かな小さな声」から始まります。

神が展開するための余地のある環境を養ってください。際限のない活動や娯楽に費やすことはたやすいことです。インドの神秘家パラマハンサ・ヨガナンダが鋭く指摘したように、もし私たちが活動や趣味に時間を費やし過ぎたら、どうやって至福のための時間が作れるでしょうか。神の存在をあなたの内で成長させるように、生活の単純化につとめてください。

スピリチュアルなビジョンや励ましを過度に解釈しないように気をつけてください。時にはエゴが勝り、まだそうではないのにスピリチュアルな頂点に到達したと誤って考えることがあります。まだ劇的なスピリチュアルな経験をしたことがなくても、神の真実を生きていることで素晴らしく成長している人は大勢います。

常にそうですが、オーラのフィールドは、あなたの展開のスピリチュアルな部分であなたがどこにいるかを鋭く反映します。もしあなたがスピリチュアルな経験をしていたり、神にうまく同調しているなら、頭のあたりに白い光の閃光が動き回っているのが透視能力で見えるでしょう。オーラ自体が興奮し、強く振動しています。

瞑想は神なるあなたを目覚めさせるマスターキーです。純白の光とともに働くことは、より高次の生命によりよく同調するのを非常にうまく助けてくれるでしょう。時が来れば、白い光があなたが直接経験の橋を渡るのを助けることができます。

覚えていてほしいのですが、私たちはそもそも全員が神秘能力者です。あなたの可能性にしたがって毎日を生きれば、神はあなたを最終的な覚醒まで導いていってくれるでしょう。


バーバラ・Y・マーティンとディミトリ・モライティスは、オーラ、健康、そしてスピリチュアルな成長のための素晴らしい形而上学の学校であるスピリチュアル・アーツ・インスティトゥートの共同設立者です。

Copyright 2015, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from SAI Blog: http://www.spiritualarts.org/blog/evolving-your-soul-barbara-and-dimitri/awakening-the-divine-experience
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 


オーラと未来を見抜くこと

The Aura and Seeing into the Future 

eye未来の出来事がオーラに見えるのかよく尋ねられます。時として人々は私に、何が起こるのか明らかにする占い師になってほしがります。オーラに未来の出来事が現れるのは本当ですが、心にとめておかなければいけないことは、これらの未来の出来事は<可能性がある>出来事にすぎないということです。どこにスピリチュアルなエネルギーが動いているのかが現れますが、それらはオーラで石のように固定しているわけではありません。常に自由意志があります。私たち一人一人に対する神の計画はありますが、起こることになっている出来事や経験の結果に関しては柔軟性があります。

オーラの基本原則のひとつは、あなたの人生で現れるどんなものでもそれを生み出すエネルギーは最初にオーラのフィールドに現れるというものです。このため、何かを創造するには、まずあなたは夢や願いを顕現させるためのスピリチュアルなパワーを生み出さなければなりません。あなたが熱心に目的をなしとげようとするにつれて、あなたはより多くのスピリチュアルなパワーを築きます。このスピリチュアルなパワーに十分な勢いがつくと、あなたの人生に現れ始めます。

未来に起こる可能性がある出来事のスピリチュアルなエネルギーは、最初にオーラの外側か、オーラの外縁の内側に現れます。それらがより勢いを増すにつれて、オーラのフィールドでもっと強い位置を占めるように、内側に移動してきます。通常、その経験が起こりそうになると、その経験のエネルギーがチャクラの周辺、特にハートチャクラの周辺に現れ始めます。エネルギー自体は、球体や光のほとばしりといったさまざまな形態をとりえます。時に、それらは、あなたが会うかもしれない誰か新しい人のイメージのように、もっとはっきりしたものであることもあります。

これらの可能性のあるエネルギーは、あなた自身の意図と行動、その可能性のある経験に関与している他の人たちの意図と行動、そして神の影響の組み合わせから生み出されます。あなたの人生のタペストリーに含まれている多くの鍵となる瞬間があり、それらの経験は、聖なる存在たちによって見事に調整され、オーラに現れます。

もしその可能性のあるエネルギーが維持され、強化されれば、その出来事は成功するでしょう。しかしながら、もしその状況を変えるような何かがやってくれば、そのエネルギーは消失する可能性があります。

たとえば、もし何かに心を決めていて、あなたの決心はその出来事を生じさせるためのエネルギーの勢いに貢献しているとします。しかし、あなたが気が変わったり、情熱を失ったりしたら、そのエネルギーは、その経験が成功するチャンスを弱める可能性があります。これは、もしあなたの経験に結びついた他の人が自分のエネルギーの方向を変えたとして起こる可能性があります。 仮にあなたが誰かにあうことになっていても、その人が意図的にそのエネルギーを他の方に変えたとしたら、それがあなたたち二人が会う可能性のエネルギーを弱める可能性があります。

神の聖なる光で瞑想することはここでの大きな助けになります。新しい生命力の青と白の火が、あなたのオーラにある成功することになっている未来のエネルギーに活力を与えるように瞑想してください。そのエネルギーが最高の夢や願望を追い求めようとするあなたに元気を与えてくれるように頼んでください。常にこれが「神の法則と愛、そしてすべてのかかわる人たちに良きように」なされるようにお願いしてください。 それからそれらの未来の出来事が現れるときにはっきり気がつくように、金の光に啓示をお願いしてください。時として、何かが実際に起こるとき、私たちは一時的に悩んだり、私たちが期待したようには実現しないことがあります。これが、私たちが目の前にやってきた私たちが権利を獲得した機会を失う原因になる可能性があります。

オーラの実現する力は過信しすぎてはいけません。時間をかけてあなたの最高の夢を実現させる計画を注意深く立てて、それから全力で夢を追い求めてください。神の聖なる光とともに働くことが、あなた目的を達成させるのを助けてくれます。この創造のプロセスは流動的なので、しっかりと、しかし柔軟にいてください。夢を実現させることは協力的な努力です。あなたが夢を実現させようとすることで、あなたは他の人が夢に到達するのを助けているのです。

2014年の愛と光のうちに
バーバラ・Y・マーティン
スピリチュアルディレクター
Copyright 2014, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from January/February 2014 Issue of Aura Inspirations

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

バーバラ・Y・マーティンその2 スピリチュアルな訓練の時期

Barbara Y. Martin Part 2: The Years of Spiritual Training

ディミトリ・モライティス

10代のバーバラ

10代のバーバラ

人々がバーバラのスピリチュアルな才能と、彼女がそれらの才能を見たところ簡単に表すのを経験するときに見えないものは、そういったスピリチュアルな才能を発達させるためには長年の訓練と開発が必要だったということです。

バーバラは、11歳の時に、彼女の人生を変えることになる女性と出会いました。彼女の家族はミズーリ州のカンザスシティに引っ越しました。そこで彼女はドロシー・ラ・モスによってによって率いられていた有名な演劇一座に加わりました。ある日、ドロシーは、彼女と個人的に対面して「あなたはオーラが見えます」と言いました。バーバラは自分が見ていたものがオーラと呼ばれていたことすら知りませんでした。この日から彼女の形而上学の分野におけるスピリチュアルな訓練が始まりました。ドロシーは秘教主義者で、オーラも見えました。母親と祖母から受け継いだ古い手書きの本を持っていました。これらの文書は、スピリチュアルな世界の多くの側面だけでなく、オーラを細部に至るまで描写していました。若いバーバラは、ドロシーのスタジオで彼女と一緒に何時間もスピリチュアルな才能について学び、形而上学の世界を発見しました。この新しい知識を身につけたことで、バーバラは彼女が見ているものを理解し、解釈することができました。

この経験の結果、彼女は、聖なる存在たちとの直接訓練を始めることになりました。天使や他の神聖な存在たちは、彼女を助け、祝福するためだけでなく、彼女に教えるためにもやってくるようになりました。こういった神聖な存在たちと交流することで、バーバラのスピリチュアルな力と才能は増加していきました。

このようにスピリチュアルな生活は進化していきましたが、彼女は自分が知っていることについて沈黙を保ちました。高校時代には、スピリチュアルな才能をわきに追いやって「普通の」生活をしようとしましたが、神には違う考えがありました。結局、彼女はスピリチュアルな生活は自分の一部だと気づきましたが、それでも、他の人に話すようなことではなく、個人的に探求するものとして考えていました。

19歳のときに、彼女は、レッド・スケルトン、モナ・フリーマン、スーザン・ヘイワードといった人たちを含む米国慰問協会のためにバラエティ・ショーをプロデュースしていました。しかし、スピリチュアルな召喚が彼女を誘い続けました。ある地点で、彼女は、エンターティメントは彼女の人生における宿命ではないと気がつきました。神は、彼女が形而上学の教師になることになっていると伝えました。バーバラは同意し、内的なスピリチュアルな訓練の期間が始まりました。彼女は直接体験として多くのスピリチュアルな生活の側面を見せられました。バーバラは深遠なスピリチュアルな視野を持つようになり、彼女を教育する素晴らしい神聖な存在たちがあちらの世界から訪問してくるようになりました。

その後、20代後半に、ロサンゼルスに住んでいるときに、彼女は有名な神秘主義者のアイネズ・ハート博士に会いました。アイネズは進化した魂で、講演活動はせずに、個人的なグループに教えていました。とても透視能力があり、スピリチュアルなヒエラルキーとの結びつきを発達させていました。

バーバラがスピリチュアルな才能を円熟させるのを助け、教育の過酷さへの準備を手伝ったのはアイネズでした。彼女はバーバラがいつか大衆の前でオーラについて話すだろうと伝えました。これは預言者的な言葉でした。なぜなら、当時は、オーラについてはほとんど何も知られていなかったからです。

バーバラはアイネズとともに何年も学び、一時期は一緒に住んでいたこともありました。アイネズとともに働く間に、形而上学について講演をするという機会が開き始めました。こういった機会が、結果的に、彼女の教育の仕事への門を開きました。

Copyright 2013, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.Reprint from
http://aurablog.org/2013/06/20/barbara-y-martin-part-2-the-years-of-spiritual-training/
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず