オーラと創造的なインスピレーション


The Aura and Creative Inspiration by Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

創造力は、個人にとっても進歩する社会にとっても不可欠です。世界は創造的なエネルギーを必要としています。芸術家や発明者でなくとも、創造力は生活の一部である必要があります。それはスピリチュアルな力の一部であり、生活に刺激を与えます。今日の技術的な世界では、創造的なプロセスを軽視する傾向にありますが、どちらもバランスのとれた生活には不可欠です。

創造力はスピリチュアルな進化の一部です。それは神の反映で、あなたをより高い意識のレベルへと連れていきます。神はあなたに創造する能力を与えました―それは最大の祝福のひとつです! 創造的であることは、あなたがそうなるように運命づけられている共同創造者になるよう、あなたを訓練します。

あなたのオーラは、創造力を打ち立てる際に欠くことができない役割を果たします。それこそが創造力を生み出す場所です。その力をいったん生み出せば、それは生活に現れます。

創造力はオーラに複数の方法で現れます。ある人が非常に才能があり、その才能を表現しているなら、鋼青色のエネルギーがオーラのフィールドに鮮やかにはっきりと放射されています。それは音楽、絵画、執筆のような芸術的な才能であるかもしれません。あるいは、才能のある発明家やエンジニアのような発明の才能を示しているかもしれません。しかし、鋼青色は、生活のどこかの側面で熟練するように時間を費やした人であることを表します。

もしその人が才能があってもその才能を表現していないなら、鋼青色は色褪せ始める可能性があり、才能はあっても使われていないことを示します。このことは、才能は使われる必要があることを教えてくれます。あなたの才能が何であれ、それを生計のために行っているかにかかわらず、あなた自身のこの部分を表現してください。

鋼青色に加えて、非常に創造的な人物は、頭上から放散する水色と銀の光の流れがあるでしょう。これは、その人が、神のインスピレーションに接触していて、その力を利用していることを示します。

才能とインスピレーションは異なる2つのエネルギーであることに気づいてください。これは、それらが創造のプロセスの2つの異なる側面を表すからです。あなたは才能があってもひらめきがなかったり、その逆である可能性があります。この2つが共に働けば、大きな創造的な偉業を達成することができます。

創造力の流れをどのようにして増やすことができますか。創造的であることから始めてください。願望が何かは重要ではありません。あなたの内にある創造的な衝動をただ表現してください。歌いたいという願望があるなら、歌ってください。執筆したいという願望があるなら、書き始めてください。あなたの生活の一部を個人の創造力の表現の本当の喜びのためのものにしてください。そして自分の創造力を審査しないでください。それが本当にハートからきているなら、それは神の流れの一部で、建設的になるでしょう。

瞑想はあなたの創造力を増加させるのに役立つ素晴らしい手段です。水色で瞑想をして、あなたの意識の全レベルをそれが祝福するのを感じてください。それから、しようというインスピレーションを受け取ったことが何であれ、従ってください。神は、私たちを怠惰な考えで啓発することはありません。インスピレーションは使われることが意図されています。そして、創造的な表現を通してあなたは自分自身を神の源と生命自体の創造的な心拍に近づけているのです。

Copyright 2016, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず
Reprint from http://www.spiritualarts.org/blog/change-your-aura-inspirations-spiritual-arts-news/aura-and-creative-inspiration


 

創造的な本質を表現すること

アドリアナ・パラディス- SAI スタッフ・ライター

学校の芸術のための基金が削減されつづけているときに、創造的でよくバランスがとれた芸術の教育が行われている不可欠な場所の輝かしい例としてエル・システマがあります。エル・システマViolinはベネズエラの貧窮した子供たちにクラッシック音楽を教える音楽プログラムです。このプログラムの創始者であるホセ・アブルー博士は「子供の手に楽器を持たせれば、銃を手に取ることはない」と信じています。

エル・システマは驚くほど成功しています。それは生徒たちに、多くが貧困の中で生活している現在の行き詰った生活から離れて、新しい人生の道を創造し、新たに心に描き、確立する機会を提供しています。グスターボ・ドゥダメルは完璧な例です。彼はエル・システマの元生徒で、今日ではロサンゼルス管弦楽団の一流の指揮者です。ドゥダメルは最近2013年のミュージシャン・オブ・ザ・イヤーとしてミュージカル・アメリカの称号を得ました。彼は「音楽教育に不断の支持を行っている表現豊かな音楽の創造者のカリスマ」として絶賛されています。

さらに、エル・システマは文化間の理解の橋も創造しています。サルサがベートーベンに加えられ、ダンスとともに演奏されるなんて、これまで誰が考えたでしょう。システマのミュージシャンはヨーロッパのクラッシック音楽を学んで演奏しますが、自分たちの「ラテン」のひねりを加えて、両文化を近づけて一緒にしています。

創造的な表現にはスピリチュアルな側面があります。透視能力者でオーラのスペシャリストであるバーバラ・Y・マーティンは「人間のオーラには全体が創造的な表現にあてられている領域があります。それは磁気分野と呼ばれています。芸術であろうと発明であろうと、創造的な本質を表現している人は、そのエネルギーは刺激的な目の覚めるような青ではっきりと現れます。」と力説します。

スピリチュアル・アーツ・インスティトゥートの幹部取締役のディミトリ・モライティスは、「芸術は芸術家だけのものだと考える人もいますが、私たちは皆スピリチュアルな構成の一部として生まれつき創造的です。それらがどんなもので、どれだけ発達しているかにかかわらず、よく均斉のとれたスピリチュアルな教育の一部として、創造的な願望を表現することは重要です」と補足します。

エル・システマは、人生にバランスと喜びをもたらしたいなら、楽器や、ダンスシューズや、絵筆を手に取るべきだということを私たちに気づかせてくれます。あなたの才能を育て、表現してください。あなたの磁気分野は成長するでしょう。

http://www.huffingtonpost.com/john-densmore/venezuela-youth-orchestra_b_2233454.html

http://www.gustavodudamel.com/news#news-442

http://www.nytimes.com/video/2012/02/29/arts/music/100000001394603/venezuelas-el-sistema.html

Reprint from http://aurablog.org/2012/12/31/expressing-your-creative-nature/

Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

Tweet

自然の中にいることの効果

SAIスタッフ アドリアナ・パレデス

Everybody needs beauty as well as bread, places to play in and pray in, where nature may heal and give strength to body and soul. John Muir

誰もがパン同様に、美、遊んだり祈ったりする場所、体や魂を癒し、強めてくれる場所が必要です。-ジョン・ミューア

最近の研究によると、毎日の生活のストレスから離れて戸外で過ごす時間が長ければ長いほど、創造性が強まるそうです。こういった結論にいたった新しい研究では、旅行者に、あらゆるテクノロジーや日々の生活の気を散らすようなことから離れて自然の中で4日間過ごさせた前と後で創造力をためす問題を解かせました。結果は50%創造性が増加しました。

この研究はカンザス大学の認知・医療心理学の学部長で准教授のルース・アン・アッチリーによって指揮されました。

アッチリーは自然が人間の精神に与える重要性について論じています。「自然は私たちの精神が休み、リラックスし、恐怖の反応をおさめる場所です。ですから私たちには創造的になったり、想像的になったり、問題を解いたりするために残された源があり、それが私たちが他の人たちとより生産的にかかわることができる、より良く、幸せな人にさせてくれます。」と彼女は述べています。彼女は現代生活の絶え間ない気を散らすものや刺激を「恐怖」と呼び、「人間が持っている楽しい考えや認識―気持ちよく感じたり、積極的な気分でいる能力に加え、創造性のようなものや、親切で寛大であったりすること―の源を吸い取る」と述べています。

ヒーリングの効果が私たちや私たちの生活の中で起きるように、できるときはいつでも自然の中で歩きましょう。

出典:

http://www.huffingtonpost.com/2012/05/31/nature-creativity-study-health_n_1556958.html

http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0051474

Reprint from http://aurablog.org/2012/12/17/the-good-effects-of-being-in-nature/

Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

オーラと創造性

The Aura and Creativity

swirls of colors創造性は個人的にも進歩的な社会においても不可欠です。世界は創造的なエネルギーを必要としています。アーティストや発明者であるかどうかにかかわらず、創造性はあなたの人生の一部である必要があります。それはあなたのスピリチュアルな力の一部であり、人生がエキサイティングになります。今日の科学の世界では芸術を軽視する傾向にありますが、両者はバランスのとれた生活のために不可欠です。

神は創造的で、創造性はあなたのスピリチュアルな進化の一部です。創造的であることは神を映し出すことであり、より高い意識のレベルをあなたにもたらしてくれます。神は創造する能力を与えてくれました。それは最大の祝福の一つです。創造的であることは、そうなることを運命づけられている共同して創造する存在になるためにあなたを訓練してくれます。

あなたのオーラは創造性を構築するのに不可欠な役割をになっていて、創造的であるための力を生成する場所です。その力を生成すると、それはあなたの人生に現れます。

創造性はオーラでどのように見えるのでしょう。創造性は多くの方法で現れます。最初にあげる最も顕著なものは、磁気部門として知られているオーラの一部です。磁気部門はハートチャクラの左側に、少し上に見え、そこからエネルギーが放射される青い光の球体のように見えます。ほぼ独自のエネルギーセンターのように見えます。これは、創造的なアイデアを客観的な形に変えるスピリチュアルな力を生成する場所です。創造的なインスピレーションに命を与える場所です。磁気分野でもっとも頻繁に見られる色は鋼青色(鮮やかな青)ですが、それはこれが才能のエネルギーだからです。

誰かが非常に才能があってその才能を表現している場合には、鋼青色が鮮やかに、強く放射されます。才能があってもその才能を表現していない場合は、鋼青色が色あせてきて、才能はそこにあるのに使われていないことを表します。

非常に創造的な人には、磁気分野に加えて、頭上からパウダーブルー(淡い水色)と銀の光の流れが放射されているでしょう。これはその人が聖なるインスピレーションに接触していることを示しています。才能とインスピレーションは、2つの異なるエネルギーであることに注意してください。これはなぜかというとそれらが創造的なプロセスの2つの異なる側面を表しているためです。才能があってもインスピレーションを受けていないことはありえますし、その逆もありえます。両者が共に働いているときは創造的な偉業を成し遂げることができます。

どのように創造的な流れを増加させるのでしょう。創造的であることを始めてください。あなたがプロのアーティストなのか、単にあなたの中に創造的な衝動を表現するだけなのかは重要ではありません。歌いたいと思うなら歌ってください。書きたいという願望があるなら、書き始めてください。人生のその部分を、個人的な創造的表現の純粋な喜びにしてください。あなたの創造性を判断してはいけません。それが本当にあなたのハートから来ているなら、聖なる流れの一部であり、構築されるでしょう。

インスピレーションと新しいアイデアのためにパウダーブルーを呼び出します。この力のもとで瞑想をして、あなたのあらゆる意識のレベルをそれが祝福するのを感じてください。それからすべきだとインスピレーションを受け取ったことを何でもやり抜いてください。神は怠惰な考えで私たちを鼓舞したりはしません。インスピレーションは使うことを意図されているのです。そして、創造的な表現を通してあなたは、聖なる源と創造的な生命の鼓動そのものに近づいているのです。

聖なる光と愛のうちに、

スピリチュアル・ディレクター
バーバラ・Y・マーティン

Reprint from Aura Inspirations March/April 2012 Issue 

http://aurablog.org/2012/05/09/creative-energy-the-aura-and-creativity/

Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず

 

子どもたちの創造性とスピリチュアリティを育てる

Nurturing Our Children’s Creativity & Spirituality

 

子どもの想像力と創造力は貴重な贈り物です。ポール・コラードは「21世紀の創造的な経済で成功するために備えさせるために、子どもや若者の創造の可能性を開くために」政府によって設立されたイギリスに本拠地を置く組織創造性、文化と教育 (CCE)の最高経営責任者です。

ポールは「創造性は・・・良い考えが起こるようにすることができることです。」と説明します。このことはとても重要です。なぜなら創造性と文化が社会や経済の変化を動かしているからです。

CCEの最近の事業は、ロンドンの子どもたちのグループが校舎にするための新しい教室―故障した標準型の旅客機―を購入するのを援助することでした。子どもたちはその考えを持ち込んできて、飛行機の購入を交渉し、デイヴィッド・ベッカムのプライベート飛行機のデザイナーとともにデザインをし、校庭にとめる許可を得るために教育委員会に手紙を書きました。

子どもたちに想像し、遊び、新しい考え方をするように励ますことで、私たちは、彼らの世界への貢献が価値があり、不可欠だという知識を子どもたちの内部に植え付けています。この確信は自信を持って積極的に夢を追いかける才能ある個人を生みだすことにつながります。

熟達した形而上学の教師で著者であるバーバラ・Y・マーティンとディミトリ・モライティスは、子どもたちが例から学ぶことを強調しながら、幼い時から創造性を養うようなスピリチュアルな教育を始めることを勧めています。

ディミトリが言うには「バーバラと私は映画俳優になるために学んでいる6歳から14歳までの子どもたちに形而上学を教えていました。あるときバーバラが子どもたちにオーラの中では才能は鮮やかな青で現れると話しました。その翌日、子どもたちが教室に来ると、みんなが青を来ていました。わかったわけです。」

子どもたちに、彼らが子どもの体に宿った大人の魂であるということを念頭に置きながら、優しく形而上学を紹介するのは理想的です。バーバラとディミトリは、子どもに瞑想を教えるのは12歳になるまで待つことを勧めていますが、スピリチュアルな原理を教えるのは楽しく、子どもたちが理解する早さに驚かされるかもしれません。

Children Spirituality Playing 子どもたちと光を用いてともに活動するのに素晴らしい方法は、例えば金色の保護の光に囲まれていることをイメージさせたり、愛のピンクの光に覆われているのをイメージさせたりといったように、創造的なヴィジュアライゼーションを用いることです。神の聖なる光について教える創造的なゲームで遊ぶこともできます。

光について子どもたちに教えることは、彼らの創造的な天賦の才能を育てるだけでなく、本来備わっているスピリチュアリティの種を育てることでもあるのです。

*スタッフ記者ジャクリーン・マリーによる記事

http://aurablog.org/2011/12/08/nurturing-our-childrens-creativity-spirituality/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

芸術への愛

The Love of Art

「芸術が提供するものは空間―スピリットが息ができる一種の部屋―です。」

~ジョン・アップダイク

レーニ

芸術は言葉では表現できないものを表現できると言われてきました。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの神経美学の学部長セミール・ゼキ教授によって指揮された最近の研究は、芸術の重要性と、愛と歓びの経験に対する芸術の貢献の価値を科学的に立証することを目的にしています。

ゼキ教授は、眼窩前頭皮質中央部の血流を測定するMRIを使った一連の画期的な実験によって、歓びと欲望に関係する脳の一部を発見しました。

「風景であろうと、静物画であろうと、抽象画であろうと、人物画であろうと、芸術を見るときには歓びに関連した脳のその部分に活発な動きが見られます。」

「美しい絵画を見たときの血流は、愛する人を見たときと同じように増加します。このことは、芸術が陶酔の感覚を脳に直接誘発することを語っています。」

芸術に対して知識や理解がほとんどない個人に28枚の絵画を短い時間で連続的に見せました。その人たちが最も美しいと感じた作品では脳の血流が10%上昇しましたが、これは愛する人を見たときの値に相当します。

形而上学は芸術をスピリチュアルな発達において不可欠な側面だとみなしています。神の似姿として、私たちには創造性が本来備わっています。私たちはまさに創造それ自体の源に由来しています。表現すること、耕すこと、成長すること、創造性を共有することは、人生をよりよく生きるための鍵です。

才能ある教師でメタフィジシャンのディミトリ・モライティスは次のように言っています。「神様の子どもとして私たちは創造性を内在しています。創造性を表現することはあなたが誰であるかの本質的な部分なのです。それはあなたの思考能力、想像力、コミュニケーション能力を豊かにします。もし創造性を表現していないとしたら、人生の大部分が失われます。」

世界的に知られたオーラと形而上学についての著者で教師であるバーバラ・Y・マーティンによれば、創造性を示すオーラの部分があります。

「才能を表すオーラの部分は美しい鮮やかな青や孔雀のような青で現れます。このエネルギーが強いほど才能が発達しています。創造性に関する能力を磨くと、このエネルギーは輝きを増します。鍵は創造力を使うということです。そうしないとその創造力は時がたつと色あせ、この部分が曇ってきます。」とマーティンは言っています。

創造性を表現することは私たちを神につなげます。芸術を創造し、楽しむことは、人生の偉大さや美しさを感じさせ、科学や技術のような他の重要な側面のバランスをとってくます。本当に私たちは自分自身が創る芸術作品なのです。

*出典: The Telegraph.co.uk
*絵画: John Constable

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2011, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2011/11/13/the-love-of-art/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず