オーラで調和に満ちた人間関係を確立する

Building Harmonious Relationships with the Aura

私たちは皆、他の人と、健康で調和に満ちた関係を持つように意図されています。私たちが神の愛の場所に由来するときにだけ完全にそのような関係を持つことができます。神の愛は宇宙でもっとも強力で主要な力です。それはすべての被造物をともに保つ絆です。愛がなければ人生の目的はなくなり、何に対しても創造したり、行動したりする願望もなくなることでしょう。 神の愛は、優しさ、親切さ、理解、思いやりといったあらゆるスピリチュアルな生活の特質を表します。

スピリチュアルな愛の流れを確立するには、他の人をスピリチュアルな存在として見ることから始めてください。このことがあなたが人々を物質的に感じることから抜け出すのを助けてくれるでしょう。 人々があなたに見せているものに関係なく、最高の光で彼らを見てください。優しさと寛大さに基づいてください。他の人があなたに愛をどのように表現しているかにかかわらず、この愛を表現してください。もし誰かを愛することがあまりに大変だと感じたら、神にあなたのために彼らを愛してくださいと頼んでください。

人間関係の力学はオーラにはっきりと現われます。それらは特に、ハートチャクラ、あるいはヘルメスセンターとも呼ばれる場所の中と周囲に見られます。このチャクラは、あなたの外界の表現の中心で、あなたがどのように人々と関係を持っているのか―あなたの本当の動機と意図―を示します。それはまた、他の人たちがあなたとどのように関係を持っているのかも示します。

人間関係は双方向です。あなたのエネルギーだけでなく、他の人のエネルギーも同様に考慮すべきです。オーラで見えるもっとも魅力的なものは、ある人から他の人へのスピリチュアルエネルギーの交換です。愛があるときには、ある人から他の人に素晴らしいピンク色の光の光線が流れているのが見えます。その交換は精神を高揚させ、啓発します。それがあなたが他の人のためにもっと行うことを励ましてくれます。

あなたがそのような関係を深めると、エネルギー的なつながりも同様に深まります。ですから、愛に満ちた人間関係を強化するためには、愛する人のために何か良いことをしてください。 彼らにあなたがどのように感じているかを示してください。あなたの愛の光を輝かせてください!

しかし、他の人と不和があるときは、あるオーラから他のオーラに憂慮すべき暗いエネルギーが移る場合があります。これが怒ったり腹を立てたりしているときに気をつけなければならない理由です。そういった感情はあなた自身のオーラに暗いエネルギーを生み出すだけでなく、そのエネルギーが他の人に移る可能性があります。このことは、あなたが他の人があなたとの関係に困難を抱えているときに強くある必要がある理由でもあります。 例えば、あなたに腹を立てている同僚がいるとしましょう。あなたは一緒に働いているため、この人と交流しなければなりません。あなたはうまくやるように最善を尽くしていますが、この人はあなたによっていらいらさせられています。もしあなたが自分のスピリチュアルな均衡を保てるなら、たとえエネルギーの交換が混じり合っても、他の人が放射しているネガティブなエネルギーはあなたのオーラには入らないでしょう。

もしその状況に対して、健康的な視点と許しの状態からアプローチするかわりに、そのネガティブなエネルギーに対して悩んだり怒ったりして反応するなら、あなたはその人の憂慮すべきエネルギーを自分のオーラに引き入れています。ですから、その不健康なエネルギーをあなたのオーラから浄化する必要が生じるでしょう。

人間関係に関してともに働くのに欠くことができないスピリチュアルパワーはスピリチュアルな愛の濃いバラ色の光線です。この光線を毎日あなたの人間関係に使ってください。より愛に満ちた表現を確立する力を与え、どんな類の人間関係の摩擦も癒し、そしてあなたが望む愛に満ちた人間関係を生み出してくれるのはこの光線です。

お互いに愛し方を学ぶことによって、あなたは神の愛し方を学んでいます。スピリチュアルな梯子を高く上るための唯一の方法は、たくさんの愛とともにあることです。

神の聖なる光と愛のうちに,

バーバラ ・Y・マーティン & ディミトリ・モライティス

Copyright 2015, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
Reprint from Aura Inspirations.
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず


 

オーラで人間関係を強化する

Strengthening Your Relationships with the Aura

私たちが他の人と関係を持つときは、考えや感情の交換があるだけでなく、スピリチュアルなエネルギーの交換もあります。これはオーラにもっともはっきりと見ることができます。実際に、私たちが他の人と交流すると、一定のエネルギーの交換があります。これはもちろん神様の設計によるものです。もしエネルギーの交換がなければ、人とつながることはできず、私たちの人間関係も意味のないものになることでしょう。

ご存知のように、私たちの人間関係は必ずしも最高の状態ではありません。簡単に怒ったり、敵意を抱いたり、いらいらしたり、落胆したりし始め、これが私たちの人間関係を悪くします。ネガティブなエネルギーをあるオーラから他のオーラに送る交換は、送る人にも受け取る人にも衰弱させる影響があるため、とても注意しなければなりません。ほとんどの場合、ネガティブなエネルギーを送ったり受け取ったりしているということに気づかないでしょう。しかし、他の人が幸せや悲しみを残していったときにはきっと気づくでしょう。

これからあげるのは、他の人と難しい交流関係にあるときにオーラに働きかけるのを助けてくれる簡単な指針です。最初に、どんな人間関係の目的も愛する場所に由来するということに気づくことです。愛はどんな人間関係の摩擦も癒してくれる鍵です。ですからあなたの最初の仕事は、あなた自身と他の人を上昇させるためにディープ・ローズ・ピンクの光線を用いることです。

第二に、あなたがどこかでそれが起こることを許可しなければ、誰もあなたのオーラのフィールドには入り込む権利はありません。このことは、もしあなたが難しい人間関係に直面しているとしても、自分を曲げずに、どんな形であっても被害者になることを拒否しなければならないということを意味します。もし他の人との交換がネガティブな方向に向かっていると感じたら、金色の保護の光の泡のなかに自分がいるのを想像し、あなたに向けられているかもしれないネガティブなエネルギーを静かに拒否してください。破壊的なエネルギーを拒否することで、あなたはかかわっているすべての人を助ける状況を広めることを手伝っているのです。他の人との関係においてもっとダイナミックな力を築きあげるためには、あなたのオーラ全体に金色の光を注ぐことも良い考えです。

もしあなた自身が他の人にネガティブなエネルギーを送ったことがあるなら、白い光を使うのはよい考えです。白い光がその人のところに行き、あなたが送ったかもしれないネガティブなエネルギーを解放し、それが起こしたかもしれない破壊的な効果が成し遂げられないように頼んでください。その人のことを思いやりをもって考えるように最善をつくしてください。もしそうするのが難しいとわかったら、次のようなアファメーションを使ってスピリチュアルな見方を再確認してください。「私はこの問題を手放し、この人を神様の愛に満ちた手の中に置きます。この人について悪く考えることを拒否します。」こうすることでどんなネガティブなエネルギーでも送ることを避けるのに役立つでしょう。

私たちはどんな過ちをおかしたかにもかかわらず、神様の目からは全員がかけがえのない存在です。優しく親切であるのと同様に、ダイナミックで強くあることは、健康的で生産的な関係を築くための鍵です。

神様の光と愛のうちに

スピリチュアル・ディレクター

バーバラ・Y・マーティン

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2011, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://spiritualarts.wordpress.com/2009/01/10/strengthening-your-relationships-with-the-aura/

日本語訳著作権Megumi 無断転載を禁ず