10月開始「オーラを変えて人生を変えなさい」オンラインクラスのお知らせ

10月10日(土)~11月14日(土)毎週土曜日 午前5時~6時30分開講(90分×6回)

神の聖なる光を受け取る瞑想を学び、オーラを美しく輝かせましょう。豊かさ、幸福感、安らぎ、確信、あらゆる素晴らしい変化を人生にもたらすことができます。

あなたが考え、感じ、そしてすることすべてが、さまざまな色彩や色調で現れるスピリチュアルエネルギーを放射します。これがあなたのオーラです。オーラの質を変えることで、人生の質を変えることができます。

50年の透視研究と研究に基く、この特徴的なコースは、あなたの人生のすべての部分を豊かにするために、あなたのオーラ力の源にアクセスする方法を教えます。あなたの人生を改善し、スピリチュアルな成長を加速する最も効果的な瞑想の一つを発見するでしょう。神の光で瞑想することで、あなたはあなたの人生をより速く、より効果的に、そして持続的な成功の大きなチャンスで変化させることができます。

科学的研究により、1日に30分間3か月瞑想すると、脳に認識可能な生理学的変化が生じることが示されています。瞑想をライフスタイルの選択とする人々は、長期的な精神的および感情的な利益を獲得します。瞑想はストレス、不安を軽減し、創造性、全体的な健康と幸福を高めます。

スピリチュアルな旅を始めたばかりか、何年も形而上学的な道を歩んでいるかどうかにかかわらず、このプログラムはあなたのスピリチュアルな展開への新しい扉を開きます。

カバーされるテーマ:

・神の聖なる光で瞑想する方法

・愛、繁栄、癒し、英知、インスピレーションを含む、スピリチュアルな豊かさの力光線とともに働く方法

・オーラの全体像はどのように見えるか

・チャクラシステムへの新しい洞察

・天のサポートシステムとともに働く方法

※スピリチュアル・アーツ・インスティトゥートのオンラインクラスはBlueJeansシステムを利用した接続となります。スマートフォン、タブレット、パソコンから参加可能です(アプリのダウンロードはこちら)。

教員紹介ページ: http://aurablog.jp/online-course/faculty/

<日本語クラス担当>

メグミ・ヤマダ Ph.D. は、日本の4年制大学の教授であり、母親です。彼女は長年、学術および教育の世界にいます。日本で生まれ育った彼女の関心は、東洋と西洋の形而上学にあります。彼女は、2009年にバーバラY.マーティンとディミトリモライティスが東京を訪れたときに光界の教えに紹介されたことを非常に幸運だと考えています。すぐに、彼女は彼らが自分の本当の教師であると確信し、トレーニングクラスを受講し始めました。 2011年に彼女の街が地震と津波に見舞われたとき、彼女はSAI公式のオーラブログ・ジャパンを開始することで、魂を霊的に助ける行動を取りました。それ以来、彼女はSAI日本語バイリンガルプログラムを通じて多くの学生のトレーニングを支援してきました。 2008年に下の娘を失い、2013年に夫を亡くした彼女は、悲しみを克服するために神の聖なる光がどのように働いたかに驚きました。彼女は、魂の旅で仲間の魂を助けたいと強く願っており、光界の教えを世界中に広めるために自分の役割を果たすことに情熱を傾けています。

受講手続きは9月30日までにこちらのページからお願いいたします。受講料は$375です。

クラスはリアルタイムでの受講となります。受講生は、各クラス終了後に、受講生用ポータルからクラス音声、クラステキスト資料、20本を超える字幕付きの自習用ビデオにアクセスできます。

キャンドルのスピリチュアルな力

The Spiritual Power of Candles

The Power of Candles

キャンドルは、実用的、宗教的、儀式的なことから、装飾的でロマンチックなことまで、さまざまな理由で太古から使用されてきました。祈りや、スピリチュアル・ヒーリング、瞑想のとき、特にオーラと神の聖なる光を扱う際には、キャンドルが強力で協力的な役割を果たします。キャンドルには独自の力場があり、迷子になってしまったスピリチュアルエネルギーを導いて方向を変えるのに比類のないものです。

キャンドルを灯すことにはスピリチュアルな意味があります。実用的なレベルでは、キャンドルは、祈り、瞑想、癒し、そして瞑想や神との他の交わりの活動に最も役立つ、愛に満ちた静かな雰囲気を作るのに役立ちます。あなたはきっと、日常の瞬間を神聖な静けさの崇高さに昇格させるキャンドルの力をすでに体験したことがあることでしょう。

キャンドルの色にはどんなスピリチュアルな意味があるのでしょう。キャンドルは、使用するキャンドルの色に応じて異なるスピリチュアルエネルギーを表します。瞑想中にキャンドルを灯すことは、瞑想のプロセスを助ける素晴らしい方法です。たとえば、オーラフィールドでは、愛のスピリチュアルエネルギーは、美しい濃いバラ色の光で伝わります。ピンクのキャンドルを灯して、濃いバラ色の光で瞑想することで、オーラにそのスピリチュアルな愛の力を呼び込むことができます。または、人生で繁栄を築こうと考えている場合、ターコイズ色のキャンドルに火をつけ、豊かさのターコイズの光線で瞑想することで、オーラに繁栄のスピリチュアルな力を高めることができます。

瞑想の実践の一環として、さまざまな色のキャンドルのコレクションをすることをお勧めします。キャンドルの色とその意味には、次のものがあります。

・金ー強さ、自信、信仰、そして英知。 (金色のキャンドルが見つからない場合は、黄色を使用できます。)
・ピンクー愛、許し、思いやり
・ブライトオレンジーモチベーションと熱意
・サファイアブルー癒し
・紫ー平和、静けさ
・黄色-集中力、焦点を合わせる、新しいことを勉強したり学習したりするときに灯すとよい。
・エメラルドグリーンーバランスと調和。摩擦と不一致があるときに効果的。
・オレンジと青–この組み合わせでは、オレンジを浄化に使用し、サファイアブルーを再生して新しい生命力をもたらすことに用います。

必要な色のキャンドルが見つからない場合は、常に白いキャンドルを使用できます。

瞑想中にキャンドルを灯すことに加えて、独自にキャンドルを用いることができます。たとえば、強い恐怖に包まれていると感じたり、不安を感じたりしている場合は、キャンドルを灯すことが役立ちます。まず、不安の原因を考えます。次に、3つのキャンドルーこれらの感情を分散させるのに役立つ、パウダーブルー、金、ブライトオレンジのキャンドルーを同時に燃やします。最初に始めるとき、キャンドルを2時間(安全な場所で!)燃やします。最初の燃焼後、キャンドルを一日中ときどき10分間、または向上を感じるまで、再点火します。それでも問題が解決しない場合は、寝る前にインスピレーションのためにパウダーブルーのキャンドルを数分間灯します。

スピリチュアルな意図でキャンドルを灯すことは、助けを求めていることを神に告げます。エネルギー的なサポートの雰囲気が生まれます。心配しているとき、そのエネルギーはオーラフィールドで表現されるだけでなく、周囲の環境に浸透し、瞑想の後でも、誤って再び拾われる可能性があります。最後に、キャンドルを燃やすことは、瞑想の利点を維持し、心配のパターンを意図せず再び繰り返してしまうのを防ぐのに役立ちます。

安全第一。キャンドルを放置しないでください。トレイや、シンクの中、または不燃性のもので囲って燃やすとよい場合があります。仕事のスケジュールでキャンドルを長時間点灯できない場合は、あまり忙しくないときにキャンドルの実践をしてください。休暇、週末、朝、夕方はキャンドルを扱うのに良い時です。

キャンドルを用いて人生の状況を変える手助けをするキャンドルの力を発見することは大いに楽しめます。キャンドルの作業を加えることがスピリチュアルな実践における素晴らしいサポートシステムであることを発見することでしょう。

光と愛が常にあなたと共にありますように!

バーバラ・Y・マーティンとディミトリ・モライティス

2020年9月27日にキャンドルについてのワークショップが行われます。詳細はこちらをご覧ください。

Reprint from https://spiritualarts.org/blog/meditative-prayers/the-power-of-candles/