思いやり深い地球

The Compassionate Earth

バーバラ・Y・マーティンとディミトリ・モライティス

スピリチュアルな生活を送る上で、私たちは皆、互いに思いやりを示すよう努めています。思いやりは、外見に関係なく、あなた自身とすべての生きている魂に宿る神の聖なる閃光を認識する能力です。それは私たちが全員神の目には等しく価値があるということを理解するための鍵です。

思いやりを示すことは、健全な文明と、地球との生産的な相互作用のために不可欠です。スピリチュアルな観点から見ると、私たちの謙虚な惑星は、私たちが知っているように、何とか命を生み出す幸運を得たランダムに作成された岩の球体ではありません。私たちは、惑星自体に宿る神の聖なるスピリットを見るために、同じ思いやりの原則を適用しなければなりません。地球は本質的に生きており、生命でいっぱいです。さらには、私たち一人一人が肉体的および精神的に成長し進化しているように、私たちの惑星は精神的な進化の過程にあります。これは、地球が放射するエーテルのような青いオーラに反映されており、神のプロセスの一部であることを示しています。

同じ思いやりの原則が文明にも当てはまります。すべての生きている魂には神の聖なる閃光があり、集合的なスピリチュアルな性質を生み出しています。この集合的な神の性質を通して、私たちはひどいことをすることがあっても、本質的には善です。全体としての人類は精神的に成長しています。この精神的な意識は、文明が放射する美しい白いオーラに現れており、それが集合的に神のプロセスの一部であることを示しています。

今日、人類には、集団の利己的な行動で自分自身と世界を破壊しようとしていうという恐れがあります。全体像を見ると、直面する重大な問題と改善すべき誤りがありますが、同じ集合的な善の精神がそこにあります。今日、素晴らしい機会があり、これまでにないほどのものです。全体として、人類はかつてないほど良い場所にいます。私たちが思いやりをもって社会に参加し、文明が進歩を続けることが重要です。命の神の聖なる閃光は、私たちが神に個人的にどれだけよく反応するかに関係なく、人類を導きます。

私たちはこの惑星の管理人ですが、それは私たちのものではありません。それは私たちに属してはいません。目標は、無限のスピリットの目から人生を生き、怒り、恐れ、憤り、憎しみ、欲求不満ではなく、思いやりに基づいた決定的な行動を取ることです。それらの低い感情は破壊の道具です。概して文明に対するあなた自身の心配と懸念を投影することを拒否してください。代わりに、自分自身と他者の最高の理想を保持してください。これを行うと、人生と世界情勢に対するあなたの見方が大きく変わり、神の愛情深い目を通して世界が見えるようになるでしょう。

ゴールデン・チャリス・フェローシップ「世界のスピリチュアルな状況」が日本時間10月26日(土)午前10時30分~11時30分に開催されます。10ドルで無料通訳付きでオンラインで参加できます。参加希望の方はinfo@aurablog.jpまでお知らせください。

Copyright 2019, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis.
日本語訳Megumi 無断転載を禁ず
Reprint from http://spiritualarts.org/blog/golden-chalice-fellowship/the-spiritual-earth/