インスピレーション~コンゴの交響楽団~

Inspiration: Symphony in Congo

congo symphony

内戦と貧困に引き裂かれた国、コンゴのど真ん中で、ある男性の音楽への愛があらゆる困難を乗り越え、不可能なものを作りました。コンゴの交響楽団です。

アルマンド・ダイアンジエンダは商業パイロットでしたが、彼が働いていた飛行機会社が倒産したため、本当にやりたかった音楽の道に進むことを決めました。

アルモンドはフル編成のクラッシックのオーケストラを作ることを夢見ていました。困難だけがありました。音楽家も、教師も、楽器も、音楽もありませんでした。

congo symphony大きな任務にくじけずに、アルマンドは楽譜の読み方、ピアノ、トロンボーン、ギター、チェロの弾き方を覚えました。

この予見者は探すことができたあらゆる楽器を救い出し、友人を説得して演奏させました。今度は友人たちがさらに多くの友人を連れてきました。噂が広まり、アルマンドは200人の音楽家と声楽家を集めました。すべてアルマンドが教えた人たちです。

今日、アルマンドの家は、間に合わせの音楽学校となっています。朝早くから夜遅くまで、あらゆる街角が音楽と希望で満たされています。

全体の物語とアルマンドと彼のオーケストラについての60分の放送を見たい人はこちらをクリックしてください。

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2012/04/28/inspiration-symphony-in-the-congo/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず