瞑想~1日10分間で脳が変わる~

Meditation: 10 Minutes A Day Changes Brain

1日10分間の瞑想で脳の構造が変わる可能性があります。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の神経画像処理研究所(LONI)の新しい研究は、定期的に瞑想をする人は実際に脳を構築しているということを明らかにしました。

この研究では50人の瞑想をしない人と、50人の瞑想をしていた人のMRI画像を比較しました。結果は印象的なものでした。

UCLAは長い期間瞑想している人は脳により多くの皮質フォールディング(gryrification)を持っていることを発見しました。これはひだ状になっている灰色の物質で、意識に重要な役割を果たしています。ひだが多ければ多いほど、情報をより多く処理し、理解することができます。

ラウダーズ研究員は次のように言っています。

「フォールディングの増加は、ニューロンの数の増加からきている可能性があります。そして、もし私たちのニューロンが増加すれば、ある情報を違ったように処理するかもしれません。」

驚くべきニュースは、瞑想の習慣は、1日にたった10分で確立されうるということです。

形而上学では、1日にたった10分から15分瞑想すれば、あなたの永遠の本質とのコネクションを確立し始め、瞑想の実践を続けると、人生を完全に変えることができると教えています。

最初は1日に10分から15分の瞑想で十分です。重要なことは、瞑想が分断されないということです。瞑想する時間の長さはそれほど必要ではありません。深さが問題です。

最初は瞑想することや精神を鎮めることが難しいと感じるかもしれませんが、忍耐強く意識を光に戻し続けてください。瞑想で神の聖なる光とはたらくことの素晴らしさは、取り込みたいと願うエネルギーに精神を集中させることが、意識を集中させることに役立つことです。

瞑想をすることに遅すぎるということは決してありません。始めるべきときは今です!

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2012, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2012/04/11/meditation-10-minutes-a-day-changes-brain/

日本語訳Megumi 無断転載を禁ず