瞑想する時間をとる

Taking Time to Meditate

質問:瞑想する時間がないときはどうしたらいいですか。

答え:この質問は私たちがもっともよく尋ねられる質問で、「瞑想する時間はありません。忙しすぎるんです」という形でよく言われます。もちろん、瞑想する時間をとりたいと思うかどうかはあなた次第です。普通、瞑想は、強制されたり、たまにやったりしても効果はないでしょう。瞑想の効果を得たいなら、他の活動と同様に、瞑想をあなたの生活の一部にする必要があり、真摯である必要があります。瞑想とは本当はどんなものなのかを心にとめておいてください。それは受け取る時間です。瞑想は神様から受け取ることです。瞑想は、あなたのスピリチュアルな源からバイタリティと生命を維持するのに必要なものを引き出すために、この世の活動から退く時間です。瞑想する時間がないと言うことは、「神様、ごめんなさい。今日は忙しすぎてあなたに会えません」と言うようなものです。

瞑想はすべての人にとって重要で、スピリチュアルな道を歩んでいる人にとっては絶対に必要です。瞑想は、長く、だらだらと行う必要はありません。きっと長く瞑想したり、熟考や熟慮のための静修したりしたいと思うようになるでしょうが、毎日続けるという観点では、神様の光を使って10分から15分瞑想すればけっこうです。瞑想する時間をとると毎日がずっとよくなるということに気づくことでしょう。少ない努力で、重要性を感じながら、さらに多くのことを成し遂げるようになり、生活の中のさまざまな活動をスピリチュアルにすることを助けることになるでしょう。そしてこれがあなたのスピリチュアルな進化へとつながる鍵なのです。

Reprint from Aurablog.org. Copyright 2011, Barbara Y. Martin and Dimitri Moraitis

http://aurablog.org/2009/02/02/taking-time-to-meditate/

日本語訳著作権Megumi 無断転載を禁ず